年収1億円の流儀

  • [連載]年収1億円の流儀(第45回)

    自分の強みを再発見せよ

    プロフィールの見直しで他者との差別化を  あなたは、自分自身のプロフィールの重要性に、気付いているだろうか。ほとんどの人は、おそらく考えてもみないことだと思う。  だが、自分の強みを発見するためには、自分の「プロフィール」を、一度見直してみることをお勧めしたい。 …

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第44回)

    惜しまず与えよ。ならば稼げる人になる。

    稼げる人が最大活用する返報性のルール  一般に「稼ぐ」という意味を勘違いしているのではないか、と考えることがある。稼ぐ前に「稼がせろ」が正解なのだが、現実は逆だ。  以前、触れたように、お金持ちにも「かっこいい」と「かっこ悪い」がある。どうせなるな…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第43回)

    会うのが仕事と考えていないか。

    1日に3人以上と会ってはいけない  予定がびっしりと埋まっているスケジュール帳を見て、うっとりしている人はいないだろうか。残念ながらそんなあなたは、稼げない人だと断言しなくてはならない。  スケジュール管理だけの思考法ではとても稼げる人にはなれないのだ。それは「捨…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第42回)

    誰でも始められる簡単な投資~人に投資すれば稼げる~

    「予算思考」と「投資思考」の差が稼げるかどうかの分かれ道  人への投資は「稼ぎ力」の源泉である、という話をしたい。投資と聞くと、株や債券などの金融商品を思い出すかもしれない。しかし、今回は「人に対する投資」というものについてお話したいと思う。  人に対する投資とは…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第41回)

    才能について再考する ~稼ぐ人は、特別なのか~

    才能とは① 感情×行動×能力  私の知る、年収1億円のとてつもなく稼ぐ人にはさまざまな共通点がある。その1つが才能と仕事の関係だ。  実は、とてつもなく稼ぐ人というのは、自分にどんな才能があるのかを自覚し、それを生かして仕事をしているのである。  これは好きなこ…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第40回)

    ビジネス成功への道 ~物事の判断基準を明確に持つ~

    ビジネスにおける自分の判断基準を持ち森羅万象を見る  ブログやフェイスブックでメッセージを発信する前に重要なことがある。それについて、今回は述べてみたい。   まず、自分を知るということが大切だ。これが難しいのは当然であるが、自分を知ってお金を稼ぐというのは、幸せ…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第39回)

    経営の極意 ~まず上司を勝たせなさい~

    経営の極意① 出世も給料もチームが勝ってこそ  私が若いころ、取引先でアドバイスされたことで強い印象に残っているのは、  「江上君、上司を勝たせたら得するからな」という言葉である。  後輩にこれを教えると、「でも、勝たせてあげたい上司なんて少ないですよ」と反駁す…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第38回)

    成功者の真似ではなく、相手の求めに地道に応えよ。

    成功者の真似をすれば失敗するだけ  世の中を見ていると、特に若い人たちの働き方を見ていると、「何か、すごいことをしないといけないと思っていないか」とつくづく感じる。背伸びが過ぎるのだ。  イソップの童話に、牛のまねをするカエルの話が出てくるが、そのカエルにならない…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第37回)

    自信がないと嫌われる人になる。

    好かれる人と嫌われる人の違い  「稼ぐ人間」「稼げない人間」を、単純に、人間関係の中でとらえなおすとどういうことが言えるだろうか。  極端な表現だが、稼げる人間は「好かれる人間」、稼げない人間は「嫌われる人間」とシンプルに捉えることができるだろうと思う。  考え…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第36回)

    経営の極意 失敗のとらえ方で9割が決まる。

    経営の極意① 失敗で自らを閉ざすか笑い飛ばすか  だれだって失敗は好きじゃない。失敗するより成功したほうがいい。だがほかならぬ「経営者」なら、失敗に尻込みしていたら話にならない。  ということは分かっているのだが、世の中には一度失敗を経験すると、それがトラウマにな…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第35回)

    適切な人か不適切な人か。

    適切な人だけ同じバスに乗せる  再三この連載でも書いているように、年収1億円を稼ぐ人は基準が明確である。この基準とは何かについて、私はかつて『年収1億円人生計画』(経済界)の中で、次のように定義している。  「分かりやすく言うと、行動を起こす動機ということになるだ…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第34回)

    安売りしていたら絶対に成功しない。

    安売りの世界には重要な要件は一つもない  当たり前のことをしていては、士業も稼げない時代だと悟った税理士のSさん。いつでも携帯電話に出ます、相談に乗ります、と滅私奉公をアピールして顧客を開拓。年収1千万円を実現したが、ふと気付くと、ご飯もおいしくないし、睡眠も3、4…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第33回)

    経営の極意 携帯電話を捨てられるか?

    経営の極意① 他と違う特色をどう出せばいいか  手かせ、足かせという自由の利かない状態に、ほかならぬ自分自らが作り出すということがある。こういう間抜けなことを、しかもそれと自分が意識しないでしている。これが人間の愚かさだが、ふとした機会にそれに気づくと、全く違う日常…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第32回)

    仕事で成長するための絶対条件は。

    仕事で成長したければ相談相手を選べ  先日、1年間の目標設定のための合宿「年収1億円手帳合宿」を箱根で開催した。その時、ある女性の生徒さんから、こんな相談をいただいた。  「今年から新しいことに挑戦したいと、ある方に相談したら、全否定されてショックでした」と。 …

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第31回)

    格差社会の生き方 ―― 咲く場所を考え直すとき。

    格差社会と向き合う日本  『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界)は、依然として売れ行き好調である。  最近の傾向としてうれしいのは、中学校などでのまとめ買いが入っていることだ。教育関係者に注目され始めている証左で、この傾向がもっと広まってほ…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第30回)

    お金を稼ぐ方法とは?~何のためにお金を稼ぐのか~

    お金を稼ぐ方法とは?  『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界)は、日本の今と将来を知るための教科書であるが、もうひとつ、  「お金とは何か」  という問いに、ファイナンシャルプランナー江上が全力で答えている。むしろこちらが本書のテーマと言…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第29回)

    所有志向の人は今後、負けていく。――日本の現実と若者の生き方

    日本の残酷な現実と向き合う若者  11月中旬に発売した拙著『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界)が依然として好調だ。所期の目的どおり、学生や若いサラリーマンが読者の中心を構成していると聞く。  面白いのは東京などの大都会より、地方でよく読ま…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第28回)

    子どもに教えたい日本とお金の真実。

    子どもに教えたい、生きる上で重要なこととは  新刊『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界・1200円+税)が好評だ。発売直後に、すぐアマゾンのビジネス部門でベスト10入りした。  自分のためというより子どもたちに読ませたい、いい内容だ、と…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第27回)

    自分という商品をブランド化する。

    自分という商品をブランド化するためのコアエッセンスとコアコンピタンス  前回、プロフィールの大切さを書いた。自分がどんな人物で、自分が稼げる領域は何か、自分が本当に好きなことは何か、あるいは、人生において他人から評価されたこと、できたことは何か。こうしたことを、一度…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 年収1億円の流儀(第26回)

    プロフィールの書き方「自分の”強み”を”正確”に伝える」

    プロフィールの書き方1 自分の価値、強みをみんなに知ってもらう  稼げる営業マンになるためのトレーニングとして、さまざまな講座で私が勧めるのは、「プロフィールをつくりなさい」ということだ。このプロフィールについて、今回、お話ししたい。  プロフィールについて、多く…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る