温故知新

  • [連載] 温故知新

    努力がもたらすもの--佐治敬三

    「損だと思いながらも挑戦することが必要」 サントリーの佐治敬三氏が、まだ青年将校と言われていた1973年に、弊誌主幹の佐藤正忠がその人物像を本人とその周辺にインタビューしたものだ。佐治氏の言葉は既に深い。(1973年10月号) 人間を変…

    佐治敬三
  • [連載] 温故知新

    果報は練って待て、諦めちゃいけない--長谷川隆太郎×升田幸三

    昭和50年代半ば、鬼才升田幸三九段が弊誌対談のホストを務めた。型にとらわれず、ズバッと本質に斬り込む対談は人気を博した。今回の対談相手は長谷川隆太郎氏。ざっくばらんな三菱紳士で知られた名経営者だ。(1980年7月8日号) ドン底にあっても…

    長谷川隆太郎
  • [連載] 温故知新

    10年間の浪人生活は、大衆の中の人生修業だった--福田赳夫

    今回は、偉人の壮絶な生き様にフォーカスした。「昭和の黄門様」こと福田赳夫も若き日に事件に巻き込まれている。その経験はどう生きたのか。この記事の3年後、ようやく総理に就任している。(1973年10月号)/構成:本誌・古賀寛明 艱難辛苦がつくった人間…

    0513_20140527_Onkochishin_01
  • [連載]温故知新

    「変わり種の集団だからソニーは成長できた」--盛田昭夫

    日本のものづくりの代表的な存在であったソニー。その礎を築いたのが井深大(1997年没)、盛田昭夫、両氏のコンビ。このインタビューは当時会長であった盛田氏に創業時のことを弊誌主幹の佐藤正忠が伺ったものだ。(1983年4月26日号)/構成:本誌・古賀寛明  …

    盛田昭夫
  • [連載] 温故知新

    「不況、不況と大騒ぎするな!!」--荒法師・土光敏夫が時代を叱る

    「メザシの土光さん」ともいわれ、その質素な生活は国民から好感をもたれ、その後のいわゆる土光臨調においても生活者の後押しを受けた。このインタビューはオイルショックの影響で長期不況に陥っていた時に掲載されたものだ。(1977.10.25号)  当時、81…

    土光敏夫
  • [連載] 温故知新

    「不景気だと騒ぐより、このチャンスに自分を磨け」--本田宗一郎

    「満つれば欠ける」世の習いだよ  不況だ、不況だ、と騒いでいるけど、この世の中に、景気、不景気があるのは当たり前のことなんだ。振り子が右に振れれば、次は左にゆれる。それでダンダン良くなるんだよ。僕に言わせれば、悪くなったからと言って慌てるのは本来おかしい…

    本田宗一郎
  • [連載] 温故知新

    「経営の極意は、人間にあり」--松下幸之助×永野重雄

    1970年代後半、オイルショックを乗り越えた日本は、新たに「円高」という問題に直面していた。「自信喪失する日本の経営者に元気を」と企画されたのが、戦後の日本経済をけん引してきた東西の両巨頭の対談であった。東からは日本商工会議所会頭の永野重雄氏が、対する西からは、松…

    eyecatch126_20140422_03

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る