深読み経済ニュース

  • [Leaders' Profile]

    増刷率9割の出版プロデューサーが明かす「本が売れない時代に売れる本をつくる」秘訣

    出版不況と言われて久しい。インターネットに読者を奪われ、紙の本がますます売れなくなっている。そんな時代にあって、手掛けた本の増刷率90%、平均部数5万部を達成しているのがかぎろい出版マーケティング代表出版プロデューサーの西浦孝次氏。同氏がこれまでの経験から培った、売れ…

  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    2015年の経済見通し

     「来年度、実質1・5%成長、政府経済見通し、今年度はマイナス」 政府は7日、2015年度の経済見通しで示す経済成長率を名目で2・7%程度、物価上昇分を差し引いた実質で1・5%程度とする方針を固めた。14年度は実質で5年ぶりのマイナス成長を見込む。落ち込んだ個人消費や…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    再デフレ化に突入し始めた日本経済

     「需給ギャップ、7〜9月マイナス2・7%に拡大」 内閣府は4日、日本経済の需要と潜在的な供給力との差を示す「需給ギャップ」が、7〜9月期にマイナス2・7%になったとの試算を発表した。名目では年率換算で14兆円の需要不足になる。前期(マイナス2・2%、11兆円)から需…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    消費税率引き上げ見送りの評価と影響

     「21日解散、首相表明 消費増税先送り〝信を問う〟アベノミクスも争点」 安倍晋三首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを1年半先送りし、21日に衆院解散に踏み切る意向を表明した。衆院選は12月2日公示、14日投開票…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

     「7〜9月GDP 2期連続のマイナス」 安倍総理大臣が消費税率を10%に引き上げるかどうかを判断するうえで重要な経済指標となる、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の伸び率は、物価の変動を除いた実質で前の3ケ月間と比べてマイナス0・4%、年率に換算してマイナス…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    日銀による追加緩和決定の影響は!?

    日銀の追加金融緩和をめぐる朝日新聞の報道 日本銀行は31日の金融政策決定会合で、追加の金融緩和を決めた。国債などをさらに買って市場に巨額のお金を流し込む。消費増税後の景気低迷が想定よりも長引き、物価が伸び悩む可能性が強まったため。景気の腰折れを防ぐ必要があ…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    ドイツの財政均衡を読み解く

     「ドイツが来年には新規国債ゼロに、1969年以来初」 ショイブレ独財務相は9日、来年には1969年以来初めて、新規の国債発行がゼロになる、との見通しを明らかにした。 一方で、欧州連合(EU)の安定成長協定の達成にはまだほど遠い、とも主張、ドイツが今後も財政の健全化努…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    スタグフレーションの可能性

     トラック燃料に使う軽油の需要が鈍っている。天候不順の影響で飲料や農産物などの輸送が減った。機械など工業製品の輸送は堅調なものの、一部で運転手不足の影響が出て荷動きは滞っている。原油安も加わり、スポット(業者間転売)価格は約7カ月ぶりの安値となっている。〈中略…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    設備投資減税と雇用減税への態度で見えた「国民経済全体」への目配りに欠ける安倍政権の経済政策

     「小渕経産相:外形標準課税の適用拡大、中小企業への影響甚大」 小渕優子経済産業相は18日、安倍政権が目指す法人実効税率引き下げをめぐり、代替財源として外形標準課税の強化が議論されていることについて、「中小企業へ適用拡大することは賃金上昇と雇用増加に悪影響をもたらす恐…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    再増税の条件

     「GDP:年率7・1%減 反動減の長期化懸念 消費税率引き上げ暗雲」  内閣府が8日発表した4〜6月期の国内総生産(GDP)改定値は物価変動の影響を除いた実質で前期比1・8%減、年率換算で7・1%減となり、8月発表の速報値(前期比1・7%減、年率6・8%減…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    広島の土砂災害から学ぶべき安全保障の基本

     「警戒区域の指定推進「法改正を検討」…防災相」 古屋防災相は24日のNHK番組で、広島市で起きた土砂災害に関連し、都道府県による「土砂災害警戒区域」指定が進むよう、土砂災害防止法を改正する方針を明らかにした。 古屋氏は「都道府県知事の背中を押してあげられるような改正…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    先送りされただけの気象リスク

     「猛暑列島、エルニーニョどこに? 発生は秋以降、8、9月も気温高く」  全国で厳しい暑さが続いている。25日は岐阜県多治見市で今年国内最高となる39・3度を観測した。今夏は「エルニーニョ現象」によって冷夏になると予想されていたが、気象庁は発生が秋にずれこむ…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    外国人技能実習制度拡大に潜む問題点

    「外国人技能実習、230団体で不正…昨年」外国人技能実習制度で来日した外国人に対し、賃金の不払いや人権侵害などの不正を行った受け入れ団体・機関が、昨年は計230団体に上り、2010年に現行制度が始まって以降、3年連続で増加していることが法務省の調べで分かった。(読売新…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    永遠には期待できない税収の上ブレ

    「国債発行2兆円減25年度法人税収増加を反映」  政府が平成25年度の国の一般会計決算で、借金に当たる国債の発行額を見込みより2兆円程度減らし、43兆4千億円程度にすることが30日、分かった。企業業績の改善に伴う法人税収の増加などで、税収が見込みより約1兆6…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    銀行の貸し出し姿勢好転でも日銀当座預金膨張で“凍りつく”マネー

    「当座預金残高152・9兆円と過去最高更新へ、日銀がきょうの予想発表」 日本銀行が午前7時55分に発表したきょうの当座預金残高の予想は152兆9千億円程度と、2営業日ぶりに過去最高を更新する見込み。 これまでの同残高の最高は20日の151兆3900億円(確報ベース)。…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    実は逆進性緩和効果の低い消費税の軽減税率

    「軽減税率、企業の反応注視、品目で与党素案、まず食料品、導入時期も焦点に」 自民、公明両党は5日、生活必需品の消費税率を低くする軽減税率制度の素案を発表した。対象品目の検討作業は「まずは飲食料品分野とする」とし、8案を示した。年末にまとめる与党税制改正大綱に向け、対象…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    エネルギーミックスと安全保障の観点なしに「脱原発」は語れない

    エネルギーミックスとは特定の発電技術に偏らず、各技術の特性を生かしつつ、バランス良く組み合わせ、安定して発電を実現すること。電力サービスのユーザーである国民のために、「安定的」「低価格」で電気を供給するための発電技術の組み合わせ。エネルギーミックスの観点が抜け落ちた「…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    消費増税の判断を左右しかねないエルニーニョ

    「エルニーニョ現象:来月警戒 低温、長雨の恐れ 97年以来の規模か」  南米ペルー沖の東太平洋の赤道域で海面の水温が高くなるエルニーニョ現象が、5年ぶりに6月に起きる可能性が高まっている。今回は観測史上最大だった1997年以来の本格的な規模になりそうだという。発…

    永濱利廣
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    国民経済に寄与しない“無条件”の法人税減税

    「安倍首相、法人税率引き下げ指示 自民党税調会長に」--安倍晋三首相は16日、自民党の野田毅税制調査会長らと首相官邸で会談した。首相は「私は国際的に法人税改革を約束し、多くの人(投資家)の期待を裏切ることがないようにしないといけない」と述べ、法人税の実効税率の引き下げ…

    三橋貴明
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    消費増税で家計負担増でも景気腰折れは回避か

      「消費税、きょうから8%、17年ぶり増税、国民負担、年8兆円増」--消費税率が4月1日、5%から8%に上がった。税率の引き上げは17年ぶり。高齢化で増え続ける年金や医療などの社会保障費を賄う狙いがある。  国民負担は年間で約8兆円重くなる見通し。第一生命経済…

    永濱利廣

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る