視点

  • [視点]

    硬直的な競争政策が地方を衰退させる――冨山和彦(経営共創基盤CEO)

     ふくおかFGと十八銀行は、2016年2月に経営統合を発表した。しかし公正取引委員会(公取)の審査が長期化している。公取は、経営統合により寡占化が進むと、長崎県内での「競争」がなくなり、借り入れをする事業者が高金利を余儀なくされると問題視している。 しかし、今どき経営…

  • [連載] 視点

    中期計画は「ロシア式」ではなく「Dreams Come True!」で

     会社の経営に携わるようになってから四半世紀を越えるが、中期計画というようなものをつくったことがない。無論、中期5カ年計画というようなものをつくって経営を進めておられる会社と経営者を批判しようというものではない。ただ、概して中期計画は、つくるのに莫大な時間と労力、…

    松本晃
  • [連載] 視点

    全要素生産性(TFP:Total Factor Productivity)の向上

     先日当欄で、茂木友三郎さんが、生産性向上の必要性について触れておられた。2014年6月、新たに日本生産性本部会長に就任された茂木さんを、私も関西生産性本部会長としてお支えするひとりだが、生産性の向上について、もう少し話をしてみたい。  14年末の総選挙により、…

    大坪清
  • [連載] 視点

    ニッポンのモノづくりビジネス生き残りへの覚悟

     グローバル化の進展によって、日本のモノづくり現場は、一方で新興国の安価な労働力、他方で欧州などの高付加価値なモノづくりとの競争に直面している。また、程度の差こそあれ、多くの分野で水平分業化が起き、産業のバリューチェーン上の位置付けを誤ると、一生懸命モノづくりに励…

    冨山和彦
  • [連載] 視点

    生産性向上の必要性

     今年の6月に、日本生産性本部の7代目会長の任を仰せつかった。  日本生産性本部は来年3月に創立60周年を迎えるが、今まで企業、労働組合、そして学識者の3者構成による生産性運動を推進するための組織として、日本経済の発展、そして国民生活の向上のために活動してきた。…

    茂木友三郎
  • [連載] 視点

    創造型需要が牽引するプラチナ社会

     最近、どの地方に出掛けても、わが町は空き家率が高く問題であるといった話になる。2013年の日本の空き家率が13・5%。つまり、総住宅数6063万戸に対し820万戸もの空き家が存在する。空き家は、朽ち果てたまま放置すると、防犯や防災、環境面で問題の種となる。一方で…

  • [連載] 視点

    松本晃(カルビー会長兼CEO)【カルビー流棚卸しと仕分けのやり方】

     先の民主党政権の際、センセーショナルな〝仕分け〟が話題となりテレビでも連日その模様が放映された。仕分けそのものは決して否定しないが、政権のスタンスには大きな疑問があった。即ち、「自民党のやってきた55年体制のすべてが悪い、民主党政権はそのすべてをいったん否定した上で…

    松本晃
  • [連載] 視点

    「フェアトレード」とは

     英語のエコノミー(economy)を「経済」という日本語に訳したのは福沢諭吉だといわれている。経国済民、すなわち、国を経め(おさめ)民を救うという中国の言葉がもともとの語源だが、その意味するところは、国を構成する国民がお互いに信頼し合い、その国特有の慣習、伝統、…

    大坪清
  • [連載] 視点

    女性管理職の数値目標

     9月3日、第2次安倍改造内閣がスタートした。大臣18人枠のうち女性5人を起用し、女性活躍推進担当大臣まで置くという、女性シフト内閣だ。  日本再興戦略では、リーダー的立場に占める女性の割合を2020年までに少なくとも30%程度にまで高めるという目標を掲げている…

    大久保幸夫
  • [連載] 視点

    グローバルベンチャーは1日にして成らず

     ベンチャー企業の育成はアベノミクスの成長戦略の柱の1つであり、「開業率を5%から10%に」という目標と共に、「ベンチャー」という言葉が取り上げられることが多くなった。  ところが、どんなベンチャーを育成拡大したいのかはあまり語られない。グーグルのようなグローバ…

    冨山和彦
  • [連載] 視点

    アベノミクス成長戦略への期待

    アベノミクスの成長戦略に一定の前進 先頃、アベノミクスの第3の矢である経済成長戦略の新たな部分が、「日本再興戦略」の改訂版として発表された。 昨年打ち出された「日本再興戦略」において積み残された課題に対し、一定の前進があったと評価されている。 まず、税制改革については…

    茂木友三郎
  • [連載] 視点

    にいまる・さんまる一番乗り!

     「ダイバーシティをやっていないのは日本とパキスタンくらいだ。パキスタンには宗教上の理由があるそうだが、日本にはそんなものはない」  2001年のグローバルの会議で突然私の直属の上司だったビル・ディアスタインが多くの参加者の前で吠えた。当時私はジョンソン・エンド…

    松本晃
  • [連載] 視点

    「課題解決先進国」日本

    さまざまな課題を解決してきた日本の素地 おもてなし、もったいない、KAWAII(かわいい)、そしてオタク文化。言わずと知れずこれらは、日本を世界に発信する最近のキーワード例である。 「おもてなし」や「もったいない」はともかく、KAWAIIやオタクといった日本の現代文化…

  • [連載] 視点--大坪清(レンゴー会長兼社長)

    Lの時代、はじまる

     2014年は「Lの時代」の出発の年となりそうだ。安倍総理の獅子奮迅(Lion)の活躍で、日本を取り戻すことができつつある。そして今、最も熱いLといえば、Linear motor carと言えようか。  ご承知のとおり、東京、名古屋間で2027年の開業を目指し、…

    大坪清
  • [連載] 視点

    勝者のメンタリティー

    一朝一夕に真似できないのが勝者のメンタリティー 6月13日、サッカーのワールドカップ・ブラジル大会がいよいよ開幕する。 過去4回の出場を経験して、ここ数年は日本代表においてもワールドカップでの目標を「優勝」と公言する選手が増えてきた。世間には鼻白む声もある…

    冨山和彦
  • [連載] 視点

    対外発信力の強化を

     日本の対外発信力を強めるべきとの声が、最近特に大きくなっている。  その背景として、歴史認識についての日本の立場や考えが、世界に十分に伝わり、理解されているようには思えないということがある。中国や韓国と比べて、わが国は発信力が弱いのではないだろうか。中国や韓国…

    茂木友三郎
  • [連載] 視点

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて

    人類史の大転換をもたらした産業革命 アベノミクスの効果が、次第に実体を伴いつつあるようだ。 日銀短観(2014年3月)によれば、業況判断指数は、大企業を中心にリーマンショック以前の水準に戻りつつある。また、その効果は中小企業にも及んでいる。 一方で、世界的なデフレ懸念…

  • [連載] 視点

    コミットメント&アカウンタビリティ(C&A)について考える

    コミットメントとアカウンタビリティは経営者の義務 選挙は一般的には政党、もしくは候補者の公約からスタートする。最近では、それをマニフェストと呼ぶ。 しかし、その公約が実行されることはまれであるし、そもそも実行する気などないのでは、と思ってしまう。 フランス…

    松本晃
  • [連載]視点

    後援会の皆様の意見

     昨年の9月より12月の初旬まで、私は自分の選挙区岡山第3区の41ある後援会を全部訪問し、52カ所で演説会を開催した。  後援会の人々は忙しい中、時間を割いて集まって下さって、私が約1時間程、国会報告をし、後は質問の時間を設け、1時間半くらい、私に質問が集中した…

    視点
  • [連載] 視点

    日本株の持続的な上昇に必要なこと

    日本株の時価総額は米国の成長企業に大きく見劣り 皆さんは、ギリアド・サイエンシズ、バイオジェン・アイデック、セルジーンが何の会社かご存じだろうか。 これらは米国の薬品会社だ。米国の薬品会社と言うと、メルク、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど伝統…

    視点

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る