筆者の記事一覧

  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第8回)

    みずほ証券誤発注事件とスルガ銀行事件高裁判決後に見るシステム開発の留意点〈下〉

    変更の際のリスク・マネジメントが求められる  スルガ銀行事件東京高裁判決は、最終合意締結以降、ベンダーには「本件システム開発過程において、適宜得られた情報を集約・分析して、ベンダーとして通常求められる専門的知見を用いてシステム構築を進め、ユーザーに必要な説明を行…

    経営者のためのグローバル法務最前線
  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第7回)

    みずほ証券誤発注事件とスルガ銀行事件高裁判決後に見るシステム開発の留意点〈上〉

    システム開発で顧客のベンダーへの協力は義務  東京高等裁判所は2013年7月、東京証券取引所がみずほ証券による誤発注の取消処理を適切に行うことができるシステムを提供できなかったとして、107億1200万円あまりの損害賠償の支払いを命じました。また、同年9月には、…

    経営者のためのグローバル法務最前線

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る