筆者の記事一覧

  • [連載] 人事評価が会社を変える(第6回)

    1から作り上げた人事評価制度で大量退職の経営危機を乗り越える――山六木材

     会社の規模が大きくなるにつれて、マネジメントの方法を変えていかなければ、組織としてのさらなる成長にはつながらない。マネジメントを間違えれば、ビジョンの共有や社員の目標設定がうまくできなくなり、社員は不満を抱えるようになる。そうなると、一斉退職という事態にもつながりか…

    yamamotoCATCH
  • [連載]人事評価が会社を変える(第5回)

    良質なコミュニケーションこそが組織と個人の成長をもたらす

    小売店の化粧品コーナーのディスプレイ用品を制作するユタカ産業は、全社員30名の中小企業。新たな人事評価制度の導入により、曖昧だった人事評価基準が一新され、社員の受動的な勤務態度が徐々に変化。経営計画に貢献しようと行動する社員が増え、組織力のアップに結び付いた。新たな人…

    yamamotoCATCH
  • [連載]人事評価が会社を変える(第4回)

    業界不況の中、小さな美容室が過去最高売上げを更新できたワケ

    経営理念、事業計画と連動した人事評価制度の運用は、あらゆる中小企業の継続成長に有効である。それは、業界全体が不況となっているヘアサロン業界でも例外ではない。現場に即した制度へのスピーディな改善、経営陣と社員間での良質なコミュニケーションによる信頼関係の構築ができていれ…

    yamamotoCATCH
  • [連載]人事評価が会社を変える(第3回)

    社員の集団退職を機に導入した人事評価制度で劇的に会社を変える

    経営理念、事業計画と連動した人材育成型の人事評価制度は、中小企業の継続的な成長に欠かせないものである。会社が求める働き方を評価項目によって具体的に示し、社員をフォローすることで、社員一人ひとりの力を引き上げることが可能だ。そうして、人的資源を最大限に伸ばすことで、企業…

    yamamotoCATCH
  • [連載] 人事評価が会社を変える(第2回)

    人事評価制度導入に必要なのは、柔軟性とスピード感!驚異的に生産性を伸ばした整骨院経営企業

    企業の成長に欠かせないもの、それは、企業のビジョンを社員一人ひとりと共有し、アクションへと落とし込んでいくための仕組み、人事評価制度である。中小企業においては、継続的に社員を育成させる仕組みとして、人事評価制度の担う役割は極めて重要だ。本連載では、人事評価制度改革によ…

    yamamotoCATCH
  • [連載]人事評価が会社を変える(第1回)

    小さな雑貨店を地域No.1店へと導いた人事評価制度改革とは

    業績を伸ばしたい経営者が真っ先に思いつくのは、商品力や営業力の強化、優秀な人材の確保といったことだろう。だが、後回しにされがちな「人事評価制度」こそが、企業の成長のカギを握るとしたらどうだろうか。特に中小企業においては、継続的に社員を育成させる仕組みとして、人事評価制…

    yamamotoCATCH

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年5月号
[特集]
九州は世界へ向かう

  • ・総論 アジアの熱を九州に取り込めるか
  • ・麻生 泰(九州経済連合会会長)
  • ・石原 進(九州観光推進機構会長)
  • ・田嶋 猛(太平洋貿易会長)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・髙田 明(V・ファーレン長崎社長)

[Special Interview]

 杉江俊彦(三越伊勢丹ホールディングス社長)

 突然の社長交代から1年 三越伊勢丹はどう変わったか

[NEWS REPORT]

◆創業100周年で問われるパナソニックのDNA

◆楽天が携帯キャリアに参入も見通しの甘さに不安先行

◆銀行の危機感から始まった日本版スマホ決済の可能性

◆東芝会長に車谷氏を招聘 外部の知見に再建を期待

[特集2]

 沸騰!関西経済

 関西が世界に発信する未来社会のデザインとは

ページ上部へ戻る