筆者の記事一覧

  • [連載]組織の「悪」を見逃すな(第6回)

    経営者が知っておくべき問題社員を採らないための採用面接の方法

    「面接では性格が良くて有能な人に見えたのに、入社したら全然別人で……」「問題社員だとわかっていたら、うちでは採用しなかったよ」。組織づくりで経営者が頭を悩ませる問題の一つが採用だ。「働いてもらうまでわからない」では、入社後に問題社員であることが発覚した際に、その対応や…

  • [連載]組織の「悪」を見逃すな(第5回)

    「良い人仮面」の吹き込みから新入社員を遮断せよ

    「うちの会社は危ないらしいよ」「この前の事業は失敗したみたい」と、根拠のない噂話で不安を煽る社員がいる。とりわけまっさらな状態で入社してきた新入社員や若手社員を前に、社歴が長く表面的には「良い人」な古参社員からそうした言葉が発せられた場合、組織全体の働く意欲を削ぎかね…

  • [連載]組織の「悪」を見逃すな(第4回)

    自社の実態に合わない「借り物制度」の導入はいらない

    「トレンドは『働き方改革』だ。今日から時短、今日からから全員17時に退出だ!」「知人の会社では、何とか理論を使って社員のモチベーションが上がったそうだ。ぜひうちもやろう!」。そんな社長の大号令はなぜ従業員に響かないのか。労働問題のリアルに触れる野崎大輔氏が今回も吠えま…

  • [連載]組織の「悪」を見逃すな(第3回)

    労働問題を考える 「最近の若いやつは」が口癖の恐竜上司は孤立させよ

    「最近の若いやつは根性が足りない。俺が若かった頃はどれだけ苦労したか」。今と昔でまったく違う時代背景や労働環境を省みず、過去の自分自身の美化にひた走る、名づけて「恐竜上司」。その言葉を聞かされる若手や新人は、ただただうんざり。労働問題の現場で今日も奮闘する野崎大輔氏が…

  • [連載]組織の「悪」を見逃すな(第2回)

    組織の人材問題 「影響的破壊者」という組織のボトルネックを外せ

    仕事はエース級、でも社長の言うことを聞かず、身勝手な振る舞いを繰り返す影響的破壊者。第1回で解説した反逆的破壊者と同様に、組織を脅かす危険な問題社員(モンスター社員)だ。仕事はできるからと問題行動を容認・放置すれば、後々取り返しのつかないことになる。数多の労働問題を見…

  • [連載]組織の「悪」を見逃すな(第1回)

    組織の人材問題を切る~仕事をせずに文句ばかりの「反逆的破壊者」は早期排除を~

    ろくに仕事もせずに社長や上司の悪口を言いふらし、労働者保護を盾に過剰な権利主張を繰り返す問題社員(モンスター社員)。そうした社員に及び腰になり、組織を壊滅寸前まで追い込む経営者。組織の「悪」を排除し、組織で働く1人ひとりが本来の力を発揮するには何が必要なのか。労働紛争…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る