筆者の記事一覧

海江田万里(民主党代表)

(かいえだ・ばんり) 民主党代表 衆議院議員

海江田万里
  • [連載]視点

    革新の動きが始まる年

      ここ数年、恒例にしている年始の書初めで、今年は「一陽来復」の四文字をしたためた。「一陽来復」の意味は世の中のエネルギーが悪い方向から好い方向に変わることである。新しい年を迎え、民主党の復活を祈念してこの四文字を選んだ。  また新しい年は干支(えと)で言うと「…

    視点
  • [連載] 視点

    故・佐藤正忠氏との交流

     故・佐藤正忠氏の葬儀告別式に参列して、あらためて故人の交友の広さに感心しました。経済界はもちろんのこと政界からは、弔辞を読んだ石原慎太郎代議士、父上の名代として中曽根弘文参議院議員、森喜朗、鳩山由紀夫元首相、野田佳彦前首相、亀井静香代議士と錚々たる政治家が出席し…

    視点
  • [連載] 視点

    デフレ退治は少子高齢化対策から

     安倍内閣の経済政策に異議を唱えると、民主党はデフレを容認する政党なのか? とレッテルを張られることがあります。  もちろん、民主党もデフレを克服しなければいけないと考えています。しかし、その手法において、安倍政権のとっている政策と大きな開きがあるということです…

    視点

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る