筆者の記事一覧

中井広恵(女流棋士)

(なかい・ひろえ)
4歳から将棋を始め11歳で小学生名人戦準優勝。1986年「女流名人」の初タイトルを獲得。それ以降、女流名人、女流王将、女流王位、倉敷藤花で合計19期のタイトルを取るなど名実共に女流棋士のトップランナー。2007年、日本女子プロ将棋協会(LPSA)設立に尽力し、初代代表理事。現在は対局に専念し、10年1〜7月まで前人未到の19連勝を達成。

中井広恵
  • [連載]

    女流棋士中井広恵の先手必勝(最終回)

     先日、久しぶりに上海に行ってきました。  以前この欄でご紹介しましたように、中国では日本の将棋を授業で取り入れている学校が多数あり、指せる人が既に10万人を超えているとのことです。上海で熱心に将棋を普及してくださったのが、許建東さん。日本へ留学中に…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第85回)

     先日、将棋界2013年の賞金ランキングが発表されました。プロ棋士は個人事業主ですので、各自で確定申告を行います。  対局料など対局を行うことによって得る収入と、お稽古や執筆・講演など対局以外のものがあり、ランキングとして挙がるのは対局に関してのものだけです。 …

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第84回)

     将棋ファンの方がいつも楽しみにされているのが、日曜日のNHK将棋番組でしょう。まず午前10時からの30分が「将棋フォーカス」という講座+情報番組。そしてその後に「NHK杯将棋トーナメント」です。  将棋フォーカスは、タレントのつるの剛士さん・女優の岩崎ひろみさ…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第83回)「株主優待おじさん」桐谷広人七段のこと

    コンピューターと呼ばれた桐谷広人さん 昨年来より、「株主優待おじさん」の愛称で大ブレイクしている棋士をご存じでしょうか? 桐谷広人七段。あの有名な升田幸三実力制第四代名人門下で、2007年に現役を引退されましたが、現在は主に株の優待券で生活を送られていると…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第82回)

     将棋の羽生善治三冠が、ポーランドで行われたチェスの国際大会に出場しました。ここで好成績を残し、2つ目のIMノームを獲得。日本チェス界でもこの話題で大いに盛り上がっているようです。  チェスの世界では国際基準がGM(グランドマスター)、IM(インター…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第81回)

    将棋の対局を始める時には、「振り駒」という作法があります。これはどちらが先に指すかを決めるもの。  盤上から上位者の歩を5枚取り、手の中でよく振って軽く放り投げて表が多く出れば上位者(歩を取った方)の先手、裏が多く出れば下位者の先手です。囲碁では「握り」と言って…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第80回)

     13年の10月、プロ棋戦における将棋のルールの1つが変更になりました。それは「持将棋」に関して。あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、勝負がつかず引き分けになることです。お互いの王様が敵陣に入ってしまい、つかまらなくなってしまうのです。普通に考える…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第79回)

    現在将棋界では、優勝賞金最高額の竜王戦七番勝負が行われています。  タイトル保持者は渡辺明竜王。20歳の時から9年連続でタイトルを保持し、あの羽生善治三冠に3連敗と追い込まれながら、その後4連勝をして防衛という偉業を成し遂げた人物です。挑戦者は森内俊之名人。20…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第78回)

    女流棋界にまた新たなスターが誕生しました。香川愛生さん。霧島酒造杯女流王将戦(主催・株式会社囲碁・将棋チャンネル)で、あの里見香奈四冠を破って初のタイトルを獲得しました。  香川さんはまだ20歳の現役大学生。関西の大学を受験し、関東から移籍して棋戦に参加していま…

  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第77回)

    暑い夏が終わり、ようやく過ごしやすい気候となりました。秋は将棋の季節、日本各地でイベントが開催されます。大会等に参加される方も多いのではないでしょうか。日頃からテレビや書籍などで勉強されている方も、実際に対局をして成果が出ると達成感が得られると思います。私も青森県…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る