筆者の記事一覧

吉田洋一郎(カリスマコーチ)

(よしだ・ひろいちろう)
日本ゴルフスイング研究所代表。世界No.1ゴルフコーチ、デビッド・レッドベター氏から一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。そのコーチングスキルとフィジカルトレーニングを組み合わせ、独自の「パーフェクト・スイング・メソッド」を開発。プロからアマまでスイング改善のサポートを行っている。

  • [連載] CEOのゴルフ(第20回)

    ゴルフのスイングにおける極意 切り返しの「間(ま)」はマストアイテムではない

     切り返しには「間(ま)」が必要だと、かつては非常に重視されていた。キャリアの長いゴルファーにとっては「間(ま)」はなくてはならないものであったはずだ。だが、最近それがあまり言われなくなってきている。その理由を考えてみたい。 ゴルフの極意 身体とクラブの同調があれば…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第19回)

    ゴルフのスイングにおける極意 腰と肩を同じように回すから飛距離が出ない

     トップでは腰よりも肩のほうが大きく回って捻れの差を引き起こし、エネルギーの源となる。この捻れをキープしたままインパクトに導くことが大切だが、それには肩と腰を別々に使うことが必要だ。肩と腰は1つの円筒として回るのではないのである。 ゴルフでは肩と腰が平行に回るスイン…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第18回)

    ゴルフのスイング 右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が重要

     右足の力で飛距離アップを図ろうとすることは間違いではない。だが、そこには前提条件がある。その力を適切に上半身の回転に変換することが必要なのだ。その役割は左股関節が果たす。右足自体も「蹴る」とは違う動きであることを理解したい。 右足で蹴った力を左股関節が飛ばす力に変…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第17回)

    ゴルフのスイング 直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

    切り返しから多くの人がクラブをアウトサイドから下ろしてしまう。通常、下半身リードでなく手を使って下ろすことが原因と説明されることが多いが、そのエラーを生んでいる「ダウンスイングの誤ったイメージ」を変えなければ修正は難しい。 スイング時の手の動く軌道とヘッドの軌道は違…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第16回)

    ゴルフのスイングは切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

     ダウンスイングの第1段階で多くの人はいきなり力を目標方向へ出そうとして、空転(スピンアウト)している。力をムダに逃がしているのだ。切り返しでの力は下に加えよう。これを理解すれば飛距離を大きく伸ばす技術が手に入る! ゴルフのスイングは力を目標方向に加えると空回してし…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第15回)

    ゴルフにおける意識 ダウンスイング時の下半身リードのイメージ

     ダウンスイングは下半身リードとよくいわれる。そこに間違いはない。だが、下半身でリードすれば、あとはオートマチックにすべてがうまく動き、正しくインパクトに導かれていくものではないのだ。動きの適切な大きさやタイミングを説明しよう。 ゴルフのダウンスイング 下半身リード…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第14回)

    「ゴルフのコツ、秘訣」の表現に潜むワナ―主観と客観的事実を区別して自分に採用する

     スイングの「コツ、秘訣、ヒント、イメージ」はさまざまなものが巷にあふれている。こうした表現は受け取る際に注意が必要だ。そのまま字句どおりに再現しようとしてもできないものがあるためだ。一例を挙げ、その理由を考えてみよう。 主観と客観的事実を区別する重要性  例えば…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第13回)

    ゴルフのスイングが別物になる!! コツはトップのシャフトの向き!!

     トップでのスイングチェックはシャフトの向きを見る。だがシャフトの向きだけ修正しようとしてもうまくいかない。グリップや動き方のタイプに応じてシャフトの向きが決まってくるためだ。スイング全体を考えながらトップの形を確かめることがカギとなる。 ゴルフにおけるスイングは飛…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第12回)

    ゴルフの飛距離はトップの大きさではなく捻転差で決まる

     トップオブスイングを大きくすれば飛距離を出せるイメージがある。だが、その意識こそが手打ちを招き、飛距離減や大きなミスを引き起こしている。トップよりも考えるべきことがある。それは肩と腰の捻転角度の差だ。 ゴルフで飛距離が出せるトップでの捻転差  トップオブスイング…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第11回)

    スイングで力が入るのはゴルフクラブを上げる位置が原因

    ゴルフクラブを縦にすれば力が抜けスムーズなスイングに  昔から「ヘッドの重さを感じろ」という教えがあります。重さを感じるには、手に力を入れないことが大切です。しかしこれを体得できないと、多くの人は気持ちの問題として力まないよう心掛けたり、アドレスで握る力を弱める…

    スイング
  • [連載] CEOのゴルフ(第10回)

    ゴルフスイングの極意 肩と手首を使えば肘は自然にたたまれる

     腕の振り子運動についてはしばしば「両肩と手を結ぶ三角形を保て」というレッスンを耳にする。しかし三角形の辺の中間には肘があり、「肘はたため」という教え方もある。両者は相反するように聞こえるが、どちらかが間違っているのだろうか。 スイング中、肘は伸ばしたままゴルフクラ…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第9回)

    ゴルフはスイングの始動から手首を使うと振り遅れなくなる

     前回「スイングの始動時に手首を使ってヘッドを軌道に乗せる」と説明した。この動きをつかさどっているのが手首のコッキングだ。それは決して手打ちではない。正しい動きさえ理解すれば、振り遅れがなくなり狙いどおりに飛ばせるようになる。 スイングの始動に手首を縦に使ってヘッド…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第8回)

    ゴルフでバックスイング始動時のヘッドを動かすタイミング

     バックスイングの始動の仕方については諸説ある。いわく「はじめの30センチはヘッドを真っすぐ動かす」「三角形をキープして下半身で始める」。ある意味では正しいのだが、誤解を招くことも多く、これによって迷っているゴルファーが多い。 ゴルフのバックスイングは体幹、手、クラ…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第7回)

    「移動平均線」的発想で考えるゴルフのスイング作りのコツ

     前回までで、美しいスイングを作り上げる土台=「アドレス」の説明は一段落としたい。ここで本格的な動きの説明に入る前に、スイング作りに取り組む際の考え方について説明しよう。頭の中を整える、これはスイングを作るためのもう1つの土台である。 スイング作りでは細かな上げ…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第6回)

    ゴルフのスイングは「腰を回す」ではなく「股関節を回旋させる」

    「腰を回す」動きについて、多くの人はばくぜんとしたイメージしか持っていない。2本の脚と骨盤は、特殊な構造をした股関節によって連結している。股関節の構造を適切に機能させることで、スムーズかつスイングにとって理想的な腰の回転が生まれる。 ゴルフにおける股関節が「はま…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第5回)

    ゴルフで腰痛はなぜ起きる?スイングで腰椎を捻ろうとするから負担が増大する

    「スイングは上半身と下半身を折り曲げたまま捻る運動。腰に負担がかかるため、腰痛は避けられない」と考える人は多い。だが、それは腰の回転を腰椎部分で作ろうとしているため。正しくは胸椎と股関節を使う。そのための構え方を説明しよう。 ゴルフで腰痛が起きる場所は?  ゴ…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第4回)

    ゴルフの神髄 スイング中の拇指球(つま先)重心がスライスを引き起こす

    親指の付け根あたりを拇指球と呼び、ここに重心を乗せることがスイングの基本だとする説がある。だが、多くの人はその説明によって、必要以上につま先側に体重を乗せてしまい、それがアウトサイド・イン軌道、つまりスライスの原因になっている。 ゴルフのスイング中において重…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第3回)

    グリップの向きはゴルフのスイング構築を左右する

    グリップ向きの修正は打球のバラツキの解決策のみにはとどまらない。グリップの向きこそがスイング構築の方向性を決定する基本要素なのだ。ストロングでもウイークでも違和感のない向きを選び、それに合わせた振り方を認識したい。 スイングの本質的な問題はグリップの向きとコンビネー…

    吉田 洋一郎氏
  • [連載] CEOのゴルフ(第2回)

    ゴルフでは真っすぐ打とうとする握り方がスライスの原因

    グリップを見ただけでゴルフの実力は悟られてしまう。それはグリップがクラブとカラダの唯一の接点であり、カラダとクラブの正しい動きをつかさどる決定的な要素だから。そして美しいスイングの土台となる。正しいグリップを学んでほしい。 クラブの握り方を間違えれば美しいスイングは…

  • [連載] CEOのゴルフ(第1回)

    スイングの美しさはゴルフの評価基準となる

    経営者には「経営者らしい」ゴルフがある。ひと言で言えば、スイングの美しさだ。それは、エグゼグティブが身にまとう時計や車などと似ている。評価にも直結する。では美しいスイングとは何か。どうすれば実現できるのか。本連載で伝えていこう。 美しいスイングは「設計図」で完成する…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る