筆者の記事一覧

白川浩道(クレディ・スイス証券マネージング・ディレクター、チーフエコノミスト)

(しらかわ・ひろみち)
1961年東京都生まれ。83年慶応義塾大学経済学部卒業後、日本銀行入行。調査統計局、金融研究所勤務を経て米国・ワシントン大学大学院留学。帰国後、外国局、OECD経済総局出向等を経て99年UBS証券へ移籍(チーフエコノミスト)。現在、クレディ・スイス証券マネージング・ディレクター、チーフエコノミスト。

  • [連載] WORLD INSIGHT

    資産バブル抑制の動きから荒れた展開に入っていく米国金融・資産市場

    資産バブルの兆候が見えた米国が金融緩和を縮小 米国経済は力強い回復をみせているわけではない。 リーマンショックから何とか立ち直った2010年から13年にかけての平均成長率はプラス2・3%で、前回景気回復局面である03〜06年の平均成長率プラス3・2%を1%…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る