筆者の記事一覧

小宮山宏(三菱総合研究所理事長)

(こみやま・ひろし)

三菱総合研究所理事長

人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて
  • [連載] 視点

    創造型需要が牽引するプラチナ社会

     最近、どの地方に出掛けても、わが町は空き家率が高く問題であるといった話になる。2013年の日本の空き家率が13・5%。つまり、総住宅数6063万戸に対し820万戸もの空き家が存在する。空き家は、朽ち果てたまま放置すると、防犯や防災、環境面で問題の種となる。一方で、空…

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて
  • [連載] 視点

    「課題解決先進国」日本

    さまざまな課題を解決してきた日本の素地  おもてなし、もったいない、KAWAII(かわいい)、そしてオタク文化。言わずと知れずこれらは、日本を世界に発信する最近のキーワード例である。  「おもてなし」や「もったいない」はともかく、KAWAIIやオタクといった日本の…

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて
  • [連載] 視点

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて

    人類史の大転換をもたらした産業革命  アベノミクスの効果が、次第に実体を伴いつつあるようだ。  日銀短観(2014年3月)によれば、業況判断指数は、大企業を中心にリーマンショック以前の水準に戻りつつある。また、その効果は中小企業にも及んでいる。  一方で、世界的…

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る