筆者の記事一覧

小宮山宏(三菱総合研究所理事長)

(こみやま・ひろし)

三菱総合研究所理事長

人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて
  • [連載] 視点

    創造型需要が牽引するプラチナ社会

     最近、どの地方に出掛けても、わが町は空き家率が高く問題であるといった話になる。2013年の日本の空き家率が13・5%。つまり、総住宅数6063万戸に対し820万戸もの空き家が存在する。空き家は、朽ち果てたまま放置すると、防犯や防災、環境面で問題の種となる。一方で、空…

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて
  • [連載] 視点

    「課題解決先進国」日本

    さまざまな課題を解決してきた日本の素地  おもてなし、もったいない、KAWAII(かわいい)、そしてオタク文化。言わずと知れずこれらは、日本を世界に発信する最近のキーワード例である。  「おもてなし」や「もったいない」はともかく、KAWAIIやオタクといった日本の…

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて
  • [連載] 視点

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて

    人類史の大転換をもたらした産業革命  アベノミクスの効果が、次第に実体を伴いつつあるようだ。  日銀短観(2014年3月)によれば、業況判断指数は、大企業を中心にリーマンショック以前の水準に戻りつつある。また、その効果は中小企業にも及んでいる。  一方で、世界的…

    人類史の転換期を生きる―プラチナ社会実現に向けて

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る