筆者の記事一覧

合田久輝(弁護士)

(ごうだ・ひさてる) 伊藤見富法律事務所/モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のパートナー。M&A取引、証券発行などを中心に、企業法務に関して幅広く各種セクターにおける国内外のクライアントを代理している。第一東京弁護士会所属。2001年東京大学法学部卒業。02年に最高裁判所司法研修所を修了。08年にコロンビア・ロースクールLLM取得。09年ニューヨーク州で弁護士登録。

合田久輝
  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第6回)

    異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aにおける留意点〈下〉

    デューデリジェンスでは打ち合わせと計画が重要  デューデリジェンス(DD)とは、買収対象について行う詳細な調査を言い、買い主にとって重要なプロセスです。主な目的として①買収を実行すべきか否かを判断する(場合によって条件やストラクチャーを変更する)②買収契約におい…

    経営者のためのグローバル法務最前線
  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第5回)

    異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aにおける留意点〈上〉

    主要ストラクチャーは資産買収、株式取得、合併  異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aは、今日では一般的なものとなっています。最近でも、東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズの経営統合や、三菱UFJフィナンシャル・グループによるタイ・アユタヤ銀行の…

    経営者のためのグローバル法務最前線

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界9月号
[特集]
人材恐慌 この危機をどう乗り切るか

  • ・企業が脅える人材恐慌最前線
  • ・人材不足の処方箋 働き方改革でどう変わる?
  • ・加藤勝信(働き方改革担当大臣)
  • ・神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
  • ・中田誠司(大和証券グループ本社社長)
  • ・若山陽一(UTグループ社長)

[Interview]

 松本正義(関西経済連合会会長)

 2025大阪万博で関西、日本は飛躍する

[NEWS REPORT]

◆第4次産業革命に走る中国、遅れる日本 松山徳之

◆格安スマホに対抗しauが値下げ これから始まるスマホ最終戦争

◆減収続くも利益率は向上 富士通・田中社長の改革は本物か

◆破綻からわずか2年 スカイマークが好調な理由

[政知巡礼]

 野田 毅(衆議院議員)

 「社会保障の安定した財源は消費税しかない」

ページ上部へ戻る