筆者の記事一覧

ジェフ・シュレップファー(弁護士)

(ジェフ・シュレップファー)
モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業 伊藤見富法律事務所)のパートナー。M&A、資本市場取引、および一般企業法務で公開・非公開企業の代理を務める。中心的な業務であるM&A案件のほか、石油・ガス関連の取引案件も扱っている。モリソン・フォースターLLPのサンフランシスコ・オフィスに勤務した後、2004年から東京オフィスに在籍。外国法事務弁護士(第二東京弁護士会外国特別会員・原資格国:米国カリフォルニア州)。

 

  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(最終回)

    クロスボーダーM&A取引の初期段階で締結する契約に関して注意すべき事項

    クロスボーダーM&A取引の注意点①―初期段階の書類作成について秘密保持契約(NDA)を締結する際の注意点 M&A取引を検討中の当事者が初期段階で締結する契約の1つに秘密保持契約(NDA)があります。 古いNDAを使用したり、内容について注意を払わな…

    経営者のためのグローバル法務最前線

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る