筆者の記事一覧

冨山和彦(経営共創基盤CEO)

(とやま・かずひこ)

経営共創基盤(IGPI)CEO

冨山和彦
  • [視点]

    硬直的な競争政策が地方を衰退させる――冨山和彦(経営共創基盤CEO)

     ふくおかFGと十八銀行は、2016年2月に経営統合を発表した。しかし公正取引委員会(公取)の審査が長期化している。公取は、経営統合により寡占化が進むと、長崎県内での「競争」がなくなり、借り入れをする事業者が高金利を余儀なくされると問題視している。 しかし、今どき経営…

  • [連載] 視点

    ニッポンのモノづくりビジネス生き残りへの覚悟

     グローバル化の進展によって、日本のモノづくり現場は、一方で新興国の安価な労働力、他方で欧州などの高付加価値なモノづくりとの競争に直面している。また、程度の差こそあれ、多くの分野で水平分業化が起き、産業のバリューチェーン上の位置付けを誤ると、一生懸命モノづくりに励…

    冨山和彦
  • [連載] 視点

    グローバルベンチャーは1日にして成らず

     ベンチャー企業の育成はアベノミクスの成長戦略の柱の1つであり、「開業率を5%から10%に」という目標と共に、「ベンチャー」という言葉が取り上げられることが多くなった。  ところが、どんなベンチャーを育成拡大したいのかはあまり語られない。グーグルのようなグローバ…

    冨山和彦
  • [連載] 視点

    勝者のメンタリティー

    一朝一夕に真似できないのが勝者のメンタリティー 6月13日、サッカーのワールドカップ・ブラジル大会がいよいよ開幕する。 過去4回の出場を経験して、ここ数年は日本代表においてもワールドカップでの目標を「優勝」と公言する選手が増えてきた。世間には鼻白む声もある…

    冨山和彦

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る