筆者の記事一覧

大坪清(レンゴー 社長)

(おおつぼ・きよし) レンゴー 社長

大坪清
  • [連載] 視点

    全要素生産性(TFP:Total Factor Productivity)の向上

     先日当欄で、茂木友三郎さんが、生産性向上の必要性について触れておられた。2014年6月、新たに日本生産性本部会長に就任された茂木さんを、私も関西生産性本部会長としてお支えするひとりだが、生産性の向上について、もう少し話をしてみたい。  14年末の総選挙により、…

    大坪清
  • [連載] 視点

    「フェアトレード」とは

     英語のエコノミー(economy)を「経済」という日本語に訳したのは福沢諭吉だといわれている。経国済民、すなわち、国を経め(おさめ)民を救うという中国の言葉がもともとの語源だが、その意味するところは、国を構成する国民がお互いに信頼し合い、その国特有の慣習、伝統、…

    大坪清
  • [連載] 視点--大坪清(レンゴー会長兼社長)

    Lの時代、はじまる

     2014年は「Lの時代」の出発の年となりそうだ。安倍総理の獅子奮迅(Lion)の活躍で、日本を取り戻すことができつつある。そして今、最も熱いLといえば、Linear motor carと言えようか。  ご承知のとおり、東京、名古屋間で2027年の開業を目指し、…

    大坪清
  • [連載] 視点

    宝塚歌劇100周年

     2014年4月5日の土曜日、宝塚歌劇100周年記念式典が兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で開催された。まずもって関係者各位にお祝いを申しあげたい。  ビジネスの世界に長年携わってきたので、歌劇のような芸術にはやや疎かったが、孫娘が宝塚音楽学校に入学して以来、宝塚歌劇に…

    視点
  • [連載] 視点

    五省(ごせい)

     昭和をリードした財界人には、海軍兵学校出身の経営者が多くいた。当社の先代社長も海兵73期卒であり、特攻隊員として祖国のために自らの命を捧げるべく覚悟したが、奇跡的に一命を取り留め生還したという数奇な経験の持ち主である。これら海兵出身の方々には、常に自分自身のこと…

    視点
  • [連載] 視点

    軽薄炭少とLess is more.

    「軽薄短小」の間違いではないか。多くの方々がそう思われたに違いない。「軽薄短小」は高度成長期の後半、重厚長大型の重工業中心から、技術集積型の付加価値の高い軽薄短小型のハイテク産業へと産業構造が変化していったころによく使われた言葉であることは説明不要であろう。  …

    視点
  • [連載] 視点

    3本目の矢を射るのは民間の責務である

     アベノミクスの効果は、真っ先に行き過ぎた円高からの脱却と株高として表れ、まずはわが国経済回復への期待感を生み出すことに成功した。この明るく前向きな期待感を、実際の経済成長と持続的な経済の活性化へとつなげていくためには、第3の矢である成長戦略が何よりも重要である。…

    視点

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る