筆者の記事一覧

伊原智人(グリーンアースインスティテュート社長)

伊原智人(いはら・ともひと)

1968年香川県生まれ。東京大学法学部卒業後、90年に通産省(現在の経産省)に入省。米国留学を経て、2001―03年に官民交流でリクルートに。03年に経産省に戻り、電力事業政策に携わり、05年に退官。東日本大震災後、内閣官房国家戦略室において、エネルギー政策の見直しに取り組み、14年1月グリーンアースインスティテュート社長に就任。

伊原智人氏
  • [連載] エネルギーフォーカス

    電力業界の未来―イノベーションが起こすパラダイムシフト

    電力業界に見え始めたパラダイムシフトの兆しパラダイムを変えるのは制度改革よりイノベーション 以前、電力行政に携わり、電力の自由化に取り組んだことがあります。その際、考えたことが、制度改革よりもイノベーションが起こせないかということでした。電力行政の前に、1…

    Energy Focus
  • [連載] エネルギーフォーカス

    日本は再生可能エネルギーで世界トップとなる決断を

    日本が問われる再生可能エネルギー導入の本気度予想以上になった再生可能エネルギーの発電量 さる9月24日に、九州電力から「九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留について」という文書が発表されました。 内容は、再生可能エネルギー(以下…

    Energy Focus
  • [連載] エネルギーフォーカス

    劇的なイノベーションが期待される省エネの取り組み

    日本における省エネの現状世界のエネルギー問題解決には省エネ対策こそ王道 これまで、このコラムでは、再生可能エネルギーや原発の話を中心に議論をしてきましたが、今後の世界のエネルギー問題への対応策を考えた場合、省エネルギー対策が王道と言えるでしょう。 何しろエ…

    Energy Focus
  • [連載] エネルギーフォーカス

    原発をめぐる国民的議論の在り方を問う

    原発に関して複雑な議論を避けたがる政府原発建設を凍結した台湾の事例 4月26日と28日の日本経済新聞に台湾の原発に関する記事が掲載されました。 26日の記事は、台湾の馬英九総統が建設中の第4原子力発電所の稼働の是非を問う住民投票を先送りにする考えを示したと…

    Energy Focus
  • [連載] エネルギーフォーカス

    日本は使用済み核燃料の再処理について再考すべき時期が来た

    なぜ日本は使用済み核燃料の再処理を続けようとするのか核燃料サイクルが生み出す「夢のエネルギー」 3月24日からオランダのハーグで、核セキュリティサミットが開催されました。ウクライナ問題が盛り上がっている中で、各国首脳が集まるということでニュースでも取り上げ…

    Energy Focus
  • [エネルギーフォーカス]

    バイオマス燃料をめぐって現れた「石油業界VS農業団体」の構図

    バイオマス燃料をめぐって起きた石油業界と農業団体の対立バイオマス燃料に対する賛否 今回が初めての寄稿ということで、自己紹介を兼ねて、バイオ燃料について、書かせていただきます。 バイオ燃料とは、バイオマス(生物資源)を原料とした、自動車や飛行機に用いられる燃…

    Energy Focus

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る