筆者の記事一覧

内田光俊&岩崎周作

(うちだ・みつとし)
伊藤見富法律事務所/モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のパートナー。株式、社債、REITなどの証券発行、M&Aなどを中心に企業法務で国内外の企業を代理。第一東京弁護士会所属。ニューヨーク州で弁護士登録。1999年東京大学法学部卒業、2000年に最高裁判所司法研修所修了。06年にスタンフォード・ロースクールLLM取得。07年に公認会計士試験合格。

(いわさき・しゅうさく)
伊藤見富法律事務所/モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のアソシエート。M&A、戦略的提携を中心に企業法務、商取引を手掛ける。第二東京弁護士会所属。カリフォルニア州で弁護士登録。2000年コーネル大学Policy Analysis and Management卒業。04年東京大学法学部卒業。07年に最高裁判所司法研修所修了。12年にスタンフォード・ロースクールLLM取得。

  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第4回)

    J-REIT制度の改革―インサイダー取引と資金調達・財務戦略に関する改正〈下〉

    多様な資金調達・財務 戦略へのニーズの高まり  J-REITは、一般投資家でも小額の投資資金で不動産投資ができるようにとの考えから始まりました。J-REITの投資商品としての性格に照らし、例えばJ-REITが転換社債(新株予約権付社債)やワラント(新株予約権)を…

    経営者のためのグローバル法務最前線
  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第3回)

    J-REIT制度の改革―インサイダー取引と資金調達・財務戦略に関する改正〈上〉

    J-REITは不動産の収益を分配する投資商品  J-REIT(不動産投資信託)は、「投資信託及び投資法人に関する法律」(投信法)に基づいて設立された投資法人が、投資家などから集めた資金で不動産等を取得し、運用不動産の賃料収入などの収益を分配する投資商品です。 …

    経営者のためのグローバル法務最前線

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年6月号
[特集]
なぜ、あの人についていくのか 求心力の秘密

  • ・松本 晃(カルビー会長兼CEO)
  • ・木股昌俊(クボタ社長)
  • ・迫本淳一(松竹社長)
  • ・水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・辻 発彦(埼玉西武ライオンズ監督)

[Special Interview]

 永守重信(日本電産会長兼社長CEO)

 売り上げ10兆円を目指す 働き方改革と人材育成の在り方

[NEWS REPORT]

◆不祥事続出でも企業が仮想通貨に群がる理由

◆通信事業親子上場に踏み切るソフトバンクの思惑

◆コーポレートガバナンスの呪縛〜お家騒動はなぜ繰り返されるのか〜

◆欧米名門大学への登竜門 ボーディングスクールが注目される理由

[特集2]

 働き方改革の闇

ページ上部へ戻る