筆者の記事一覧

山本康博(ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役)

(やまもと・やすひろ)ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム(失敗経験100品以上)、テレビCM52本製作。現在では新商品コンサルのほか、業界紙をはじめとしたメディアへの寄稿、企業研修、大学等での講義なども実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)など。

 

good山本康博_DS_0039胡ぴ
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第7回)

    メイク力アップで家でも外出先でもモデル気分に――女優ミラー

     女性がする毎日のお化粧は、朝のメイクは勿論のこと、寝る前に行っているスキンケアなど大変時間が掛かります。また、働く女性が増える現代では、外出先などで数時間おきに化粧直しが必要になっています。そこで今回は、女性の味方になりそうな「女優ミラー」を分析してみます。手軽で細…

    20160524YAMAMOTO_CATCH
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第6回)

    「減塩」に新たな発想を持ち込み大ヒット――ウレシオ

     日本人の健康に関して、高血圧に影響のある“減塩”が重大な課題となっている。減塩が進んでいない原因は、ファストフードや外食の多さなどの他に、加工食品の中に含まれる保存のための塩分や調理法、主食の数など自炊の中にも潜んでいる。その自炊の中で味付けの基本となる“塩”。減塩…

    20160524YAMAMOTO_CATCH
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第5回)

    クラウドファンディングで実現した「大切なヒトやモノの居場所がわかる」―― 追跡装置biblle(ビブル)

     「スマホをどこにおいたかわからない」「家の鍵をどこかに落としてしまった」等に困った経験はありませんか? 今回は、使い方を間違えると厄介になりますが、キチンと使えば素晴らしい追跡装置「biblle(ビブル)」を分析してみます。簡単に言うと、小さな通信タグとスマホが連動…

    good山本康博_DS_0039胡ぴ
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第4回)

    味覚の世界の不思議、脳をだましてダイエットにも応用できる?―― ミラクルフルーツ

    脳に深い記憶として残る「味」 人間の持っている視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の5感の中でも、味覚はとっても興味深い世界です。 口の中に食べ物や飲み物を入れたときに感じる、触感、風味、匂いなどが組み合わされて、好みも十人十色です。味覚は、甘みのほかにも苦味や酸味、塩味、う…

    20160524YAMAMOTO_CATCH
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第3回)

    意外な場所で売れる!大手が真似しにくい「突出感」が武器 ― ガチャガチャグッズ

     今回は、数百円程度で手に入る、ガチャガチャでも売ってそうなおもちゃ的なグッズが、学生さんやサラリーマンたちに受けています。今回は、そのあたりを勝手に分析してみます。 5年前に発売され流行した、コップの淵にミニチュアの人形をつける「コップのフチ子」さんを企画した、株式…

    good山本康博_DS_0039胡ぴ
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第2回)

    全国的に品薄で混乱中。なぜそこまで人気なのか ― 加熱式タバコIQOS(アイコス)

     男性の喫煙者率が今年初めて3割を切り、女性もいよいよ10%を割り込みました。全喫煙者が2千万人と少なくなっている日本ですが、発売からわずか2年で、喫煙者の10%、約200万台とヒットを飛ばしている加熱式タバコIQOS(アイコス)について勝手に鑑定してみます。 今まで…

    good山本康博_DS_0039胡ぴ
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第1回)

    オレオレ詐欺が増えそうな師走、親へのプレゼントに最適 ― 詐欺バスター

     この商品、“なんちゃって商品”と思われそうですが、実は商品パッケージにはこう書いてあります。「現場の声」から生まれた詐欺撃退器です。長野中央警察署・長水防犯協会連合会監修”ということで、いたって真面目に取り組んで作った肝いり商品というところが素晴らしい。しかも、単純…

    good山本康博_DS_0039胡ぴ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る