グローバルニュースの深層

  • [連載] グローバルニュースの深層

    習近平政権下の中国経済と新時代の到来

    中国経済の予想は弱気が大勢を占める 2015年のグローバル経済について、楽観論者も悲観論者も今後、不安定な展開になることに関しては共通しているようだ。 グローバルリスクといえば、ウクライナ問題とイスラム国などの地政学的なリスクに加え、欧州の債務問題と中国経済の減速も心…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    原油事情に関するロシアの分析

    ロシアが分析する原油価格下落の要因は? 1月7日、原油価格の国際指標となる米国産標準油種(WTI)が、一時、1バレル=46ドル台と約5年8カ月ぶりの安値をつけた。2014年7月までつけていた1バレル=100ドル台に比べると半値以下になっている。このような原油価格の急速…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    プーチン露大統領の内外記者会見

    米国との緊張高まりを覚悟  2014年12月18日、ロシアのプーチン大統領は、3時間に及ぶ内外記者会見を行った。  〈ロシアは政治的意味で西側を攻撃してはおらず、自国の国益を守っているだけだ。プーチン大統領は18日、大記者会見でこう語った。大統領は、ロシア…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中間選挙後の米国を展望する

    中間選挙で不信任を突き付けられたオバマ政権 2014年11月4日に行われた米国の中間選挙では、野党共和党が上下両院で議席を上積みし、下院に加え上院でも過半数を獲得した。これにより、オバマ政権が共和党主導の議会と対峙する構図となった。 共和党勝利の背景として…

    和田龍太
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国を制するものは世界を制す

    中国への新規投資を増やす時代は終わった 中国は廉価な労働力と割安の人民元を組み合わせたチープの時代を終え、よりエクスペンシブな時代に突入している。むろん、1人当たりGDPが7千ドル程度である現状を考えれば、中国人の購買力はまだ小さいと思われるかもしれないが、中国政府が…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    ウクライナ情勢の混乱―停戦合意は空洞化へ

    停戦合意に反した独自選挙強行にウクライナが反発 ウクライナ情勢が再度、混乱し始めている。11月2日、ウクライナ東部の自称「ドネツク人民共和国」、「ルガンスク人民共和国」を実効支配する親露派武装勢力が首長選挙を行った。〈それぞれの現役の指導者を名乗るザハルチェンコ氏とプ…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    スコットランド独立投票が問う英国とEUの在り方

    スコットランド独立投票の結果、かろうじて回避された大英帝国崩壊 スコットランドで行われた英国からの独立の是非を問う住民投票が、英国とEUの在り方に波紋を投げ掛けている。 9月18日の住民投票では、独立は反対55%、賛成45%で否決され、大英帝国が、人口およびGDPの1…

    平石隆司(三井物産戦略研究所国際情報部欧米室長)
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国企業の台頭と日本企業の競争力低下

    中国との価格競争で日本企業に勝ち目はない 日本の輸出製造企業はアベノミクスの異次元の金融緩和による大幅な円安で軒並み業績を改善している。しかし、もっぱら円安頼みの業績改善は長続きしない。行き過ぎた円安は資材の輸入価格上昇をもたらすからである。 何よりも、目下の円安局面…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    動き出した日露関係

    独自ルートを活用した森喜朗氏  日露関係が動き始めている。そのきっかけとなったのが、9月10日、モスクワで行われた森喜朗元首相とロシアのプーチン大統領の会談だ。会談の席で、森氏は、安倍晋三首相の親書をプーチン大統領に手渡した。  〈森氏によると、プーチン氏…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    過激武装集団「イスラム国」は米国の脅威か

    なぜ米国は空爆に踏み切ったか  スンニ派系過激武装集団「イスラム国(IS)」がイラク・シリア国内で攻勢を強める中、米国は8月上旬に入り、イラク領内のIS勢力に対する「限定空爆」に踏み切った。米国が空爆に踏み切った背景として、(1)イラク国内の少数民族・非イスラム…

    和田龍太
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国人と日本人の消費と貯蓄行動

    貯蓄好きは中国人も同じだが... 日本人は貯蓄好きで有名であり、1人当たりの平均で1千万円以上の金融資産を保有しているといわれている。しかし、日本人はその貯蓄を効率よく運用することについてそれほど得意とはいえない。特に、多くの日本人は株式投資になぜか偏見を持っているよ…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    「エボラ出血熱の恐怖」

    深く関与を始めたロシア政府  エボラ出血熱に関する露国営ラジオ「ロシアの声」の報道が興味深い。8月2日にエボラ出血熱が流行する地域が隔離されるというニュースを伝えた。  〈ギニア、シエラレオネ、リベリアは、エボラ出血熱の流行地となっている3カ国の国境が接す…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    試練の欧州統合

    欧州議会選挙で欧州懐疑派が躍進  EUが政治の季節を迎えている。閣僚理事会と並ぶEUの立法機関たる欧州議会選挙、執行機関たる欧州委員会委員および委員長交代、最高意思決定機関たる欧州理事会の常任議長(EU大統領)交代、そして英国総選挙と、中・長期的な欧州統合の方向…

    平石隆司(三井物産戦略研究所国際情報部欧米室長)
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国進出する日本企業の経営難

    13億人の人口=13億人の巨大市場にはなり得ない中国 中国には、約2万5千社の日本企業が直接投資している。そのうち、約8千社が赤字経営に陥っているといわれている。長い間、中国はその廉価な労働力を背景に世界の工場と位置付けされてきた。近年、1人当たりGDPが拡大し、中国…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    11月の米中間選挙を展望する

    11月の米中間選 上院で共和党が勝利するかがポイント 米国では、2014年11月4日に中間選挙が行われる(上院全100議席のうち3分の1を占める33議席と補選分3議席の計36議席、下院全435議席が改選予定)。同選挙では、「民主党が上院で、共和党が下院で引き続き過半数…

    和田龍太
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国の景気動向と企業のデフォルトリスク

    高成長の時期を終えた中国 中国経済は2けた成長が当たり前だった高成長のステージを終え、中成長のステージに入ったとみられている。問題は中国経済が7〜8%の中成長を持続していけるかどうかにある。投資家の間で中国経済の先行きについて悲観論が漂っている。 なぜ、中…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    日米首脳会談

    盗聴を警戒したオバマ大統領  4月23〜25日、米国のオバマ大統領が国賓として訪日した。23日夜、安倍晋三首相とオバマ大統領が「すきやばし次郎」で鮨を一緒に食べるなど、日米の外交当局者は、友好ムードの演出につとめた。オバマ大統領が、尖閣諸島が日米安保条約…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    ウクライナ情勢に米国はどう対応するか

    鍵を握るロシアの行動  ウクライナ東部では親ロシア勢力による行政庁舎の占拠が続き、衝突により死者が出ている。こうした中、4月17日に米国、ロシア、EU(欧州連合)、ウクライナがジュネーブで初めて四者協議を行った。この協議では、武装勢力が占拠する建物の明け渡し、ウ…

    和田龍太
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国の金融システムリスク

    不透明な資金運用のリスク  最近、中国のシャドーバンク問題が注目されている。  特に、国有銀行などの商業銀行が販売している理財商品と呼ばれる信託金融商品のデフォルトが心配されている。銀行にとって理財商品の販売で集めた資金はオフバランスのものであるため、銀行業監…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] グローバルニュースの深層

    ウクライナ危機

    国際秩序を乱すロシアの帝国主義的発想  ウクライナ危機が国際秩序を大きく変化させる可能性がある。欧米の報道だけを読んでいると、ウクライナの現政権は、親露派で非民主的なヤヌコビッチ前大統領の圧政に対して立ち上がった民主主義者であるという印象を受ける。米国政府が完全にこ…

    グローバルニュースの深層

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る