津山恵子のニューヨークレポート

  • [農業とその課題]

    日本の農業の課題解決を目指すπ(パイ)農法とは何か

    食と健康は現代人の大きな関心ごとの1つ。数年前までIT企業に勤務しながら農業の世界に身を投じた、日本パイ技術総合研究所副社長の昆野昌俊氏の話をもとに、化学肥料を使った既存の農業や有機農業の問題点、それらを解決するために同研究所が普及に取り組むπ(パイ)農法について紹介…

    無農薬野菜
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

    CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

    家電をスマートに使い、空き時間に何をするか  「家電は、もっとスマートに使えて、家電と接する時間がもっと省ける」  年明け早々にネバダ州ラスベガスで開かれた家電見本市「インターナショナルCES」は、久しぶりに大きな家電業界の変化を感じさせた。  スマートフォンや…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

    米・キューバ国交回復のインパクト

    キューバ革命から半生記、長き断絶の時を越えて  国交を断絶して50年以上に渡り対立してきた米国とキューバが2014年12月17日、翌年1月から国交正常化に向けた交渉を始めると発表した。キューバからの多くの移民を抱えながら、国家間は、深刻な敵対関係を続けてきただけに、…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

    クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

    クリスマス商戦の厳しい現実  米国では、11月27日の感謝祭から、クリスマスシーズンに突入した。この日を境に一斉に飾り付けが始まり、デパートやレストランでの音楽もクリスマスソングに変わる。そして、28日の金曜日は「ブラック・フライデー」と呼ばれる大セールの集中日だ。…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

    格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

    教育の機会均等が失われ格差が広がる米国社会の現実  ニューヨークのビル・デブラシオ市長が公約していた「プレK」(幼稚園入園前の保育)を支援する政策は、選挙中も選挙後も市民の間でかなりの注目を集めた。同市の公立教育の悪化が問題視されているほか、全米で教…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

    米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

    オバマの政権運営はさらに困難に  11月4日に行われた米国の中間選挙は、オバマ大統領をとことん追い詰めた共和党が圧勝した。5日早朝現在、注目されていた上院(定数100議席)で、共和党が52議席を確保し、民主党を逆転して過半数を奪った。共和党は下院でも過半数を維持し、…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第15回)

    選択と集中進む米ヤフーが「返り咲き」

    モバイルへの選択と集中が実を結ぶ  米シリコンバレーで、一度ナンバーワンから転落すると、立ち直るのは難しい。それを果たした稀有な例がアップルだが、それは、創業者である故スティーブ・ジョブズ氏の強烈な哲学と辣腕があったお陰だ。しかし、今、ヤフーという名門企業も「返り咲…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第14回)

    パソコンの「家元」で激変 スマホ市場にも次の波

    HP分社化の背景には中国勢の台頭  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)は、米国時間10月6日、パソコン・プリンター事業と、法人向けハードウエア・サービス事業を切り離し、2つの会社へ分社化する計画を発表した。  同社のパソコン・プリンタ…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第13回)

    気候変動問題デモに全米から31万人超が集結 地球温暖化は防げるか

    国連・気候変動サミットに合わせ大規模なデモ  9月21日、ニューヨーク・マンハッタンで、全米から集結した約31万1千人もの米国市民が、気候変動の早急な解決を訴えるデモを行った。23日に行われた国連・気候変動サミットに集まる約100カ国の首脳へメッセージを送るためで、…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第12回)

    刑事捜査も政治次第(!?)黒人少年・射殺事件に見る米国社会の歪み

    暴力の連鎖を生む いびつな社会構造  9月3日夜、米司法省がミズーリ州のある小さな警察に対し、過去の執務について、連邦法や合衆国憲法に違反していないか捜査を始めるという速報が入ってきた。極めて珍しいこのニュースには驚いた。  捜査対象となるファーガソン警察は、白人…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第11回)

    イラクに引き戻されたオバマ大統領の決意

    イスラム国が米国人記者の殺害動画を公開  今年8月26日、ノースカロライナ州シャーロットで開かれた退役軍人会全国会議で、オバマ大統領は、この夏一番熱の入った演説を行った。  「過去に何度も証明してきたが、米国人を捕らえ、傷つける者達に対しては、必要な手段を取ってき…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第10回)

    報道前に情報発信——戦場記者が変わる

    生の素材を投稿したベテラン記者  イスラエルによるパレスチナ暫定自治区ガザ地区への空爆をめぐる報道で、大きな変化が起きている。ベテランの戦場記者が、現場からの目撃証言や、生の写真、ビデオをソーシャルメディアで流し、通常の「報道」とはやや異なる情報を発信しているという…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第9回)

    アマゾンが創立20周年 電子商取引から物流大手に

    たった24ドルの書籍販売からスタート  世界一のオンライン小売り会社アマゾン・コムが、今年7月で創立20周年を迎えた。インターネットで本を売っただけで、新聞の一面記事を飾る時代があったとは、今では驚きだ。しかし、創立してわずか2年後の1996年、アマゾンは米紙ウォー…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第7回)

    アマゾン、スマホ参入でアップル、サムスンに挑戦状

    欲しい物にスマホをかざして即購入できる  新しいスマートフォンが欲しいという人にとって、米アップルの「iPhone」や韓国サムスン電子の「GALAXY」のほかに新たな選択肢ができた。米オンライン小売り最大手アマゾン・コムが、独自開発のスマホ「Fire Pho…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第6回)

    米メディア界に新風「データジャーナリズム」の可能性

    データに基づく報道がジャーナリズムを変える  「ジャーナリズム」と一言で言うと、伝統があり、確立された言論活動という印象が強い。  しかし、こうした分野でも、米国ではイノベーションが次々に起きている。携帯電話やパソコンなどすべてのコンピューターや電化製品がイン…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第5回)

    退役軍人の死が巻き起こした波乱

    全米に知れ渡った「退役軍人スキャンダル」  テレビニュースを見ていると、久しぶりに与野党の激しい応酬が交わされている。  米西部アリゾナ州フェニックスの退役軍人専用病院で、不調を訴えた四十数人の元軍人が、治療を待たされたせいで死亡したという報道…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第4回)

    「ひと目、市長を」――ニューヨーク市長の人気の秘密

    市長の講演会に押し寄せる人の波  今年1月に109代ニューヨーク市長に就任したビル・デブラシオ氏の姿を講演会で見る機会が4月下旬にあった。20年ぶりに同市の首長を、民主党が共和党から奪回し、4カ月を経たところだ。  市政担当記者でない限り、なかなか直接接する機…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第3回)

    犯罪の凶悪化で銃規制をめぐる寄付合戦が勃発

    米国市民が保有する銃は3億丁を超す  「ザ・ガン・リポート」は、米有力紙ニューヨーク・タイムズならではの、野心的なブログだ。2012年12月、コネチカット州ニュータウンで、多数の児童を含む26人が犠牲となった小学校銃乱射事件の後に始まった。コラムニスト、ジョ…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第2回)

    ビッグデータを活用して製作された米国のヒットドラマ

    米国で話題のネット配信ドラマ  「えっ、殺人があるの? その先は言わないで。今晩必ず見るから!」と、米国で話題になっている大ヒットドラマがある。「ハウス・オブ・カーズ(House of Cards、カードはトランプの札の意味)」という政治サスペンスで、しかもテレ…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第1回)

    クリミア問題で米露は冷戦に逆戻りしたのか

    足並みが揃わない西側諸国それぞれの事情  ジェームズ・ボンドが登場する映画「007」シリーズの過去の作品を見ると、旧ソ連の地図が真っ赤に塗られて出てくることがある。「冷戦」時代に製作されたため、「悪の帝国」として、ソ連が赤く塗られていたわけで、英国人俳優ダニ…

    津山恵子のニューヨークレポート

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る