[特集]台頭するASEANパワー

台頭するASEANパワー

グローバル経済におけるASEANの存在感が増している。域内の関税、非関税障壁の撤廃を目指す経済共同体の発足を間近に控え、日系企業も巨大マーケットの誕生に熱い視線を注ぐ。新たな投資先として、ASEANのポテンシャルはどれほどのものか。加盟各国では今後どのような変化が予想されるのか。現状と展望を探った。

インタビュー

「タイに拠点を置くことは日系企業にとって大きなメリット」

タイ投資委員会 長官 ウドム・ウォンウィワットチャイ氏

「今までと同じやり方ではタイでは成功できない」

バンコク日本人商工会議所会頭・釆野進氏

注目の機能性繊維がついに日本上陸

レイズ・インターナショナル CEO・李永紅氏

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る