金の卵発掘プロジェクト2014

金の卵発掘プロジェクト2014

金の卵イメージ画像 金の卵発掘プロジェクトとは

最終審査結果発表

>>一次審査結果はこちら

応募資格

・次世代の起業家を目指す熱い志を持つ方に限らせていただきます。
・国籍・性別・年齢不問
 ※未成年の方は親権者の同意が必要となります。

応募方法

・本ページにて、2014年9月10日(水)より受付を開始します。
・応募には、下記の3点が必要になります(合計4MB以内)。
 (1)ビジネスプラン論文(1500字以内にまとめた起業への想い)
 (2)事業計画書(20ページ以内)
 (3)顔写真(1MB以上)

応募部門

・社会貢献部門・・・社会貢献を目的としたビジネスであること(NPO・一般社団法人含む)
・ビジネス部門・・・収益を目的としたビジネスであること(業種・業態を問わない)
・学生部門・・・・・現在就学中であること

審査の流れ

  1. 一次審査
     運営事務局が書類選考を行います。一次審査合格者は、本ページにて2014年10月20日(月)に発表します。
  2. 「いいね!」ポイントの集計
     一次審査合格者には専用のFacebookページが用意され、同ページにおける「いいね!」の件数がポイントとして加算されます。
  3. 最終審査
     実際にプレゼンテーションしていただき、有識者で構成された審査委員会が評点します。審査委員会による評点と「いいね!」ポイントの合計によってグランプリが決定されます。

スケジュール

応募期間          : 2014年9月10日(水)〜10月10日(金)
一次審査結果発表      : 2014年10月20日(月)
「いいね!」ポイント獲得期間: 2014年10月27日(月)~11月20日(木)
最終審査          : 2014年11月21日(金)
結果発表          : 2014年12月22日(月)
 ※雑誌「経済界」2015年1月13日号(2014年12月22日発売)の誌面にて発表します。
表彰式           : 2015年1月
 ※「第40回経済界大賞」にて表彰式を行います。

賞金・特典

・グランプリ受賞者に賞金100万円授与
 ※グランプリおよび他各賞受賞者には、経済界がさまざまな事業のサポートを行います。

審査委員会

  • 米倉誠一郎
    審査委員長

    米倉誠一郎氏

    一橋大学
    イノベーション研究センター教授
  • 熊谷正寿
    審査委員

    熊谷正寿氏

    GMOインターネット
    会長兼社長
    グループ代表
  • 夏野剛
    審査委員

    夏野剛氏

    慶應義塾大学
    特別招聘教授
  • 前澤友作
    審査委員

    前澤友作氏

    スタートトゥデイ
    代表取締役
  • 佐藤有美
    審査委員

    佐藤有美

    経済界
    代表取締役社長
    佐藤正忠財団
    代表理事

 

最終審査結果発表

>>一次審査結果はこちら

主催

株式会社 経済界
一般財団法人 佐藤正忠財団

協力

株式会社 経済界ゴールデンプロジェクト
株式会社 経済界倶楽部
株式会社 ジースタイラス

過去の審査結果

 

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界7月号
[特集]
我がベンチャー魂

  • ・藤田 晋(サイバーエージェント社長)
  • ・髙島勇二(MCJ会長)
  • ・小池信三(三栄建築設計社長)
  • ・田中 仁(JINS社長)
  • ・宇野康秀(U-NEXT社長CEO/USEN会長)
  • ・寺田和正(サマンサタバサジャパンリミテッド社長)
  • ・坂下英樹(リンクアンドモチベーション社長)
  • ・冨田英揮(ディップ社長)
  • ・平野岳史(フルキャストホールディングス会長)
  • ・河野貴輝(ティーケーピー社長)
  • ・出雲 充(ユーグレナ社長)
  • ・方 永義(RSテクノロジーズ社長)
  • ・山海嘉之(CYBERDYNE社長/CEO)
  • ・高岡本州(エアウィーヴ会長)
  • ・酒井 将(ベリーベスト法律事務所代表弁護士)

[Interview]

 後藤 亘(東京メトロポリタンテレビジョン会長)

 技術がどんなに進歩しても、求められるのは「心に響く」コンテンツ

[NEWS REPORT]

◆金融業界に打ち寄せる人工知能の衝撃波

◆ついに会長職を退任 フジテレビと日枝 久の30年

◆停滞かそれとも飛躍への助走か 元年が過ぎた後のVR業界

◆爆買い超えも目前 インバウンドショッピング復活の裏側!

[政知巡礼]

 小野寺五典(衆議院議員)

 「北朝鮮の脅威で安全保障の潮目が変わった」

ページ上部へ戻る