[特集]蘇る関西

[特集]蘇る関西

昨年オープンのグランフロント大阪、中之島フェスティバルタワーに続いて今春、あべのハルカスが全面開業となる。今年後半にはUSJ過去最大規模の投資で建造される「ハリーポッター」新エリアのオープンも予定され、大型施設の開設ラッシュが続く。アベノミクスで好転した景況感を背景に、北に南に、関西経済が一気に動き出した。活性化の中身もこれまでとはひと味違う。「知の集積」で活気づくナレッジキャピタル、古都・城・色・文化など関西独自の観光資源を活かした海外観光客の誘致、近大マグロや万能細胞「STAP」に代表される研究機関の成果など、産官学ががっちりとスクラムを組んで関西経済全体を押し上げている。長く沈んでいた関西経済が今、蘇る。

注目記事

森詳介(公益社団法人 関西経済連合会会長)

関西から日本の未来を切り拓く

佐藤茂雄(大阪商工会議所 会頭)
佐藤茂雄(大阪商工会議所 会頭)

「全員参加型」の景気拡大の実現を

鳥井信吾(一般社団法人 関西経済同友会代表幹事)
鳥井信吾(一般社団法人 関西経済同友会代表幹事)

産官学、文化の連携で成長する関西を

 

 

 

 

 

 

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年3月号
[特集]
豪華を極める

  • ・5年で5割増えた富裕層が日本の高額消費を支えている
  • ・伊藤勝康(リゾートトラスト社長)
  • ・バスかクルーズか鉄道か豪華旅行はここまで来た!
  • ・決め手は「唯一無二」4億6千万円のマンションが人気のわけ
  • ・最高価格は1億円超え 夢と体験を売る高額福袋
  • ・九州・霧島のリゾートは1人1泊100万円
  • ・価格は3千万円超でもフェラーリは売れ続ける

[Special Interview]

 寺島実郎(日本総合研究所会長)

 民主主義と経済の在り方が問われる時代に

[NEWS REPORT]

◆中西宏明・日立会長が経団連会長を断らない理由

◆LINEが中国モバイクと提携 シェア自転車事業参入の勝算

◆なんば駅前広場の改造でイニシアチブを発揮する南海電鉄の思惑

[総力特集]

 2018年注目企業44

ページ上部へ戻る