[特集]蘇る関西

[特集]蘇る関西

昨年オープンのグランフロント大阪、中之島フェスティバルタワーに続いて今春、あべのハルカスが全面開業となる。今年後半にはUSJ過去最大規模の投資で建造される「ハリーポッター」新エリアのオープンも予定され、大型施設の開設ラッシュが続く。アベノミクスで好転した景況感を背景に、北に南に、関西経済が一気に動き出した。活性化の中身もこれまでとはひと味違う。「知の集積」で活気づくナレッジキャピタル、古都・城・色・文化など関西独自の観光資源を活かした海外観光客の誘致、近大マグロや万能細胞「STAP」に代表される研究機関の成果など、産官学ががっちりとスクラムを組んで関西経済全体を押し上げている。長く沈んでいた関西経済が今、蘇る。

注目記事

森詳介(公益社団法人 関西経済連合会会長)

関西から日本の未来を切り拓く

佐藤茂雄(大阪商工会議所 会頭)
佐藤茂雄(大阪商工会議所 会頭)

「全員参加型」の景気拡大の実現を

鳥井信吾(一般社団法人 関西経済同友会代表幹事)
鳥井信吾(一般社団法人 関西経済同友会代表幹事)

産官学、文化の連携で成長する関西を

 

 

 

 

 

 

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る