[特集]蘇る関西

[特集]蘇る関西

昨年オープンのグランフロント大阪、中之島フェスティバルタワーに続いて今春、あべのハルカスが全面開業となる。今年後半にはUSJ過去最大規模の投資で建造される「ハリーポッター」新エリアのオープンも予定され、大型施設の開設ラッシュが続く。アベノミクスで好転した景況感を背景に、北に南に、関西経済が一気に動き出した。活性化の中身もこれまでとはひと味違う。「知の集積」で活気づくナレッジキャピタル、古都・城・色・文化など関西独自の観光資源を活かした海外観光客の誘致、近大マグロや万能細胞「STAP」に代表される研究機関の成果など、産官学ががっちりとスクラムを組んで関西経済全体を押し上げている。長く沈んでいた関西経済が今、蘇る。

注目記事

森詳介(公益社団法人 関西経済連合会会長)

関西から日本の未来を切り拓く

佐藤茂雄(大阪商工会議所 会頭)
佐藤茂雄(大阪商工会議所 会頭)

「全員参加型」の景気拡大の実現を

鳥井信吾(一般社団法人 関西経済同友会代表幹事)
鳥井信吾(一般社団法人 関西経済同友会代表幹事)

産官学、文化の連携で成長する関西を

 

 

 

 

 

 

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界11月号
[特集]
運の科学

  • ・北尾吉孝(SBIホールディングス社長)
  • ・江口克彦(江口オフィス社長)
  • ・畑村洋太郎(畑村創造工学研究所代表)
  • ・藤井 聡(京都大学大学院工学研究科教授・内閣官房参与)
  • ・角居勝彦(日本中央競馬会調教師)
  • ・桜井章一(雀鬼会会長)

[Interview]

 安永竜夫(三井物産社長)

 「やるべきことは2つ。方向性を指し示し、トップ同士の関係を構築する」

[NEWS REPORT]

◆東芝メモリ買収の影の主役 産業革新機構の収支決算

◆電気自動車がガソリン車を駆逐するまであと10年

◆60代を迎えた孫正義 ソフトバンク300年の計への足固め

◆出版不況の風向きは変わるか!? 常識を覆すオンリーワン作戦!

[政知巡礼]

 若狭 勝(衆議院議員)

 「自民党のしがらみ政治をぶった斬りたい」

ページ上部へ戻る