[特集]世界と闘う中部経済圏の底力

[特集]世界と闘う中部経済圏の底力

自動車業界を最大の基幹産業とする中部経済が活力を取り戻した。企業業績の好転を背景に勤労者の賃金も上昇する兆しを見せており、消費意欲も高まっている。また中部にとっては悲願のリニア中央新幹線が、2027年の開業を目指し、いよいよ今年着工される。名古屋と東京が40分で結ばれれば、一体となった巨大経済圏が出現し、中部から世界に向けて大きく飛躍するチャンスが到来するだろう。

注目記事

東海東京調査センター シニアアナリスト 矢崎 正氏
[アナリストに聞く]東海東京調査センター シニアアナリスト 矢崎 正氏

中部経済の行方--リニア中央新幹線、駅前再開発でさらなる発展を目指す名古屋

リニア中央新幹線開業と日本の未来像
[JR東海に聞く]リニア中央新幹線開業と日本の未来像

JR東海の考えるリニア中央新幹線の意義とは

中部経済連合会 会長 三田敏雄氏
[提言]中部経済連合会 会長 三田敏雄氏

「中部の明るい未来」の実現に向けたリニア中央新幹線の活用

名古屋商工会議所 会頭 岡谷篤一氏
[提言]名古屋商工会議所 会頭 岡谷篤一氏

「変わるメイエキ」新たな成長過程に入った名古屋の今

エイチーム 社長 林 高生氏
[名古屋の成長企業に聞く]エイチーム 社長 林 高生氏

名古屋から世界を目指す挑戦者

中京大学教授 鈴木崇児氏
[識者に聞く]中京大学教授 鈴木崇児氏

リニア中央新幹線開通を機に名古屋都市圏内の一体開発を

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る