経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ブラジルW杯の総括なく進む次期監督選考への違和感

スポーツインサイドアウト

攻め続けても遠かったゴール

 期待が大きかった分、落胆も大きかった。

 上位進出が期待されたブラジルW杯、日本代表は2敗1分け、勝ち点1でグループリーグ最下位に終わった。

 大会が始まる前、代表監督のアルベルト・ザッケローニは宣言した。

 「今大会、自分たちにはやりたいサッカーがある。それを出すためには、主導権を握っていかなければならない。リアクションサッカーに徹するのではなく、自分たちがやりたいものを出せる選手を選考した」

 代表23人中12人がサッカーの本場ヨーロッパでプレーする選手。香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)、本田圭佑(ACミラン)、長友佑都(インテル)のようにビッグクラブでプレーする選手もいた。

 W杯出場も、日本は今回で連続5回目。大会直前のFIFAランキングこそ46位だったが、前回の南アフリカ大会、45位で決勝トーナメント進出を果たしたことを思えば、前回なみ、あるいはそれ以上を狙うのは当然だった。

 しかし、世界は甘くなかった。初戦のコートジボワール戦。前半、本田のシュートで幸先よく先制したものの、後半17分、エースのディディエ・ドログバがピッチに入って流れが変わった。

 日本の弱点である左サイドを突かれ、たちどころに2失点。後半、指揮官は189㌢のCB吉田麻也を前線に上げてパワープレーを仕掛けたが、焼け石に水だった。

 キャプテンの長谷部誠は「相手が良かったというよりも自分たちのサッカーを表現できなかった」と語った。

 パワープレーを否定するわけではない。しかし、やるなら前もって準備をしておくべきだろう。転ばぬ先の杖、というではないか。

 2戦目のギリシャ戦は初戦の反省もあって前半から攻めに攻めたが、ゴールは遠かった。ギリシャは前半38分、主将のコンスタンティノス・カツラニスが2枚目のイエローカードで退場したことで、徹底して守りを固めた。強固な城壁を攻略する術を、日本は持ち合わせていなかった。

 試合後、本田は語った。

 「攻撃的に行ってもゴールが割れないのはアイデアが足りないからだ。サイドから同じ攻めをしても相手DFにはね返されるだけ。違うかたちでゴールを破るアイデアに欠けていた」

 3戦目のコロンビア戦、日本は相手が控え組を数多く先発させたこともあって、前半から主導権を握った。しかし、このゲームもフィニッシュのアイデアが欠けていた。

 後半、司令塔のハメス・ロドリゲスが投入されると、ゲームの支配権はコロンビアに移った。ボールポゼッションこそ、日本の55%だったが、この数値は全く意味をなさなかった。

コロンビア戦に敗れ引き上げるザッケローニ監督と選手(写真/時事)

コロンビア戦に敗れ引き上げるザッケローニ監督と選手(写真/時事)

 この試合を観戦した元日本代表の中田英寿は『文藝春秋』8月号「この人の月間日記」で、こう述べている。

〈この試合のような「攻めている」というより、「攻めさせられている」という展開は、過去の日本代表の試合でも何度か目にした。こうやって攻め続けて、点が取れないと、徐々に疲れが溜まっていく。ブラジルのような暑い気候のなかでは、いかに相手を疲れさせるかというのも、重要な戦略だ。攻撃を仕掛けているのは日本なのに、試合のペースはコロンビアが握っているようにしか見えなかった。〉

 1対4。スコアの上では惨敗だった。

W杯の総括なくして進歩はない

 この結果を受け、日本サッカー協会はポスト・ザッケローニの人選を急いでいる。

 報道によると、W杯でメキシコ代表を2度(2002年日韓大会、10年南アフリカ大会)、ベスト16に導いたハビエル・アギーレの代表監督就任が有力だと見られている。

 メキシコ人も概ね日本人同様、小柄である。いわゆる〝小よく大を制す〟サッカーを日本に移植したいと技術委員会が考えているのだとしたら、それは間違いではない。

 しかし、と思う。次期監督を選任する前に、勝ち点1に終わったブラジル大会を検証し、総括するのが先ではないか。

 「早く、次期監督選びに取りかからないと、後手に回ってしまう」との声も一部にはあるが、拙速は避けるべきである。

 元技術委員長の小野剛(現ロアッソ熊本監督)は「ちょっと遅れたからといって致命傷になるわけじゃない。バタバタと決めるほうがリスクは大きい」と語っていた。

 そのとおりだろう。検証なくして改善なし、総括なくして進歩なし、である。

 ザック路線の何を改め、何を継続するか。そのためには、どんな指揮官が必要か。まずは、その議論を徹底して行うべきだろう。

 表紙を替えるだけで窮地をしのごうとするやり方には違和感を禁じえない。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る