経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

リーダーの資質 ~実力者ではなく公平さを持つ人に~

子育てに学ぶ人材育成

リーダーの資質 実力者は派閥を生む

 自分自身が創業者である場合や、会社の規模が小さいうちは、経営者のリーダーシップに多少問題があったとしても、それなりに会社は回っていきます。ただ、会社としてのステージが上がるにつれて、長期的に会社の経営を安定させるためには、誰がどうリーダーシップを発揮するかは重要な鍵となってきます。

 子どもの世界にも「誰よりも足が速い」「誰よりも頭がいい」「誰よりも話が面白い」といった「実力者」が必ず存在します。そして多くの場合、その子がクラスやグループのリーダーになるのです。ただ、こういう実力者がリーダーになった場合、放っておくと、リーダーの一言ですべてが決まる、という空気が生まれがちです。リーダーが「鬼ごっこをするぞ!」と言えば、それ以外の意見はあからさまに排除され、そのうち誰も自分の意見など言わなくなってしまいます。リーダーのご機嫌取りをするような子も現れますので、リーダーはますます増長し、そこに、多少力をもった副リーダー的な子が現れると、不満を持っていた子たちが徐々にそちらにつくようになって、クラスが分裂という事態も生まれます。

 これと同じことが大人の社会でも起こることはみなさんもよくご存じでしょう。独善的な上司に部下たちはただ従うだけ。いかに上司に取り入るかばかりを考え、新鮮な意見を言う人間もいない。ひとたび反対勢力が生まれると、密かに不満を抱えていた人間が自然と集まり気が付けば派閥が生まれ--という状況は決して珍しくありません。

 実力がある、みんなに一目置かれる存在である、ということはそれだけでリーダーの資質は十分にあります。ただ、そういう「実力者」の場合はリーダーに「育てる」という過程が必要なのです。

 子どもの「実力者」には、親や先生が、その子に対して「リーダー」としての教育をします。「この遊びはクラスのみんなが楽しめると思う?」などと声を掛けるのです。ポイントはその子に対し、「あなたをリーダーだと認めた上で話している」という態度を見せること。プライドを刺激された実力者は、真のリーダーへと育っていきます。

 会社においても、「実力者」をリーダーに据えるのであれば、その上に立つ人間には「リーダーとして育てる」姿勢と覚悟が必要です。実力者に最初からすべてを任せてしまうことは得策ではありません。

リーダーの資質 公平さを持つ者が真のリーダー

 実は以前、これこそが真のリーダーだと思う子どもに出会ったことがあります。その子は一見「ごく普通」の子どもでした。けれども、気付ばいつもその子の周りにたくさんの友だちが集まっているのです。不思議に思ってじっくり観察してみると、彼は、ある側面で特出していることに気付きました。それは「公平さ」。彼は、誰に対しても本当に公平な態度で接しているのです。決して口数は多くないのに、全員が楽しめる遊びができるようさりげなく皆を誘導し、誰かが損をするような事態になるときっぱりと異を唱える勇気もありました。また、皆の言葉にきちんと耳を傾けたうえで自分の考えを伝えるのも、とても上手だったのです。

 彼の見事なリーダーシップによってひとつにまとまったそのクラスでは、クラスのために自分は何ができるかを一人ひとりが常に考え、声を発し合っていました。例えば学芸会でも、自分の役のことだけでなく、作品全体をよくするにはどうすればよいかを皆が考え、アイデアを出し合っていたのです。

 リーダーである彼は、皆の意見をひとつにまとめる力にも長けていましたので、教諭である私が介在する必要はほとんどありません。そしてそういうクラスのムードはそれぞれに大きな自己肯定感をもたらし、誰もが素晴らしい成長をしました。

 ひとりのリーダーにすべてを一任したい、もしくは、自分は一線を退き、これまで築き上げた事業を誰か継承したいと考えるのであれば、その人物が「公平さ」を持ったリーダーシップを発揮できるかどうか見極めることをお勧めします。そういうリーダーになら、すべてを安心して託すことができるでしょう。

 そんなリーダーの資質を見抜くために何が必要かと言えば、それはあなた自身の公平さです。第三者の意見や、派手な実績、自己アピールのうまさなどに惑わされず、公平な目で、自分の周りにいる人物を観察してみてください。あなたの会社を活性化させ、成長させるリーダーは意外な人物かもしれません。

 

子育てに学ぶ人材育成 記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る