経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフはスイングの始動から手首を使うと振り遅れなくなる

吉田 洋一郎氏

 前回「スイングの始動時に手首を使ってヘッドを軌道に乗せる」と説明した。この動きをつかさどっているのが手首のコッキングだ。それは決して手打ちではない。正しい動きさえ理解すれば、振り遅れがなくなり狙いどおりに飛ばせるようになる。

スイングの始動に手首を縦に使ってヘッドの動きを作る

 スイングの始動は「手だけでヘッドを動かし始めるくらいの感覚」と前回説明しました。しかし「それは手打ちではないのか」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。「手首は固定したほうがヘッドの動きが安定し、ミスが減る」という誤解も多いと思います。しかし実際には手首を使わないから振り遅れるし、球も曲がってしまっているのです。

クラブを上げていく

アドレス時の手の甲の向きが変わらないように手首を使ってクラブを上げていく

 「スイングは下半身リード。その動きによってほかのパーツはオートマチックに動き始める」という教え方があることも確かです。

 が、それはすべての動きを正しくマスターした人だから言えること。そうでないゴルファーにとっては、手首を使うことで初めてクラブヘッドと腕と身体の運動比率が整います。決して手打ちにはならないのです。

手首を使ったコッキングの動きとは

 コッキングはクラブを上下に動かす動き。剣道の「面」の動きと例えられます。極端なウイークグリップ(左手甲が目標を向く)だと親指の方向に折ることになりますが、近年主流のストロンググリップならば手の甲は斜め上に向いた状態になり、そのままの状態で手首を下り、クラブを上下に動かします。

 スイングの中では、この上下の動きだけでなく、ローテーションと呼ばれるねじる動きも同時に起きています。

正しい動き

縦の動きであるコッキングとねじる動きであるローテーションを組み合わせると正しい動きになる

向きが不安定になる

コッキングがないとローテーションの動きが過度に大きくなりフェースの向きが不安定になる

 ローテーションは、クラブを上げていく段階ではフェースを開き、ダウンスイングではこれを逆に閉じる動きです。

 が、決して開いた状態から180度裏返すような大きく急激な動きではありません。コッキングをせず、ただ「ねじろう、返そう」とするとこのような動きになりますが、正しいコッキングを作ると、ローテーションは適度に制限され、フェースは過度に開閉しなくなり、向きは安定します。

 コッキングの動きだけならクラブヘッドはカラダの正面で真っすぐ上下するだけですが、ローテーションが加わることでヘッドは右肩の方向へ上がり、再び元の位置に下り、次に左肩の方向へ上がっていくイメージになります。これはクラブヘッドは身体の正面から外れず、捻転の動きと連動する範囲にとどまることを意味しています。つまり振り遅れが出なくなるのです。

 コッキングを正しく使うことによって振り子は最大限スムーズな運動になり、ヘッドは走り出します。クラブ、腕、身体の運動比率が整い、方向性、距離ともに高まっていくと理解してください。

 

CEOゴルフのポイント

□ 縦とねじりの動きを組み合わせた手首の動きを覚える。

□ 手首を意識して使い、身体、腕とクラブの運動量の比率を整えよう。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る