経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

エボラ出血熱にロシアが深く関与し始めた理由

グローバルニュースの深層

ロシアでエボラ出血熱に関するニュースが増加

 エボラ出血熱に関する露国営ラジオ「ロシアの声」の報道が興味深い。8月2日にエボラ出血熱が流行する地域が隔離されるというニュースを伝えた。

 〈ギニア、シエラレオネ、リベリアは、エボラ出血熱の流行地となっている3カ国の国境が接する地域を隔離すると発表した。AFP通信によると、ギニアの首都コナクリで開かれたエボラ出血熱に関するサミットで、関係国の首脳らは、「発生数の70%を占めている国境をまたぐ地域に集中して、国家間レベルの重要かつ特別な措置を取ることで合意した」。これらの地域は警察や軍が隔離するという。/サミットに参加した世界保健機関(WHO)のチャン事務局長はこれより先、エボラ出血熱について、状況が悪化した場合には壊滅的な結果を招く恐れがあるとの見方を示した。/チャン事務局長によると、8月6日にWHOの緊急委員会の会議が開かれ、国際的な懸念のある公衆衛生上の緊急事態を宣言するか否かについて決定されるという。〉

 現在のロシアではアフリカ関連のニュースがメディアで報じられることはあまりない。しかし、エボラ出血熱に関するニュースだけは詳しく報じられる。8月3日の「ロシアの声」は、リベリアでエボラ出血熱に感染した米国人医師が治療のために米国に帰国したことについてこう報じている。

〈2日、西アフリカでエボラ出血熱に感染した米国人医師ケント・ブラッドリー氏(33歳)が、ジョージア州アトランタ郊外のドビンズ空軍予備役基地に到着した。彼は、非常に強い感染力を持ち致死率の高いこの病気を、米国内で治療する初めてのケースとなる。/今後治療に当たるのは、アトランタにあるエモリー大学の専門家達だ。ブラッドリー医師は、病人を隔離する特別設備のあるチャーター機で米国に搬送された。また空軍予備役基地から大学付属病院へは、警察護衛のもと衛生機器の整ったバスで運ばれた。なおバスから病室へは、感染を予防する特別服を着て、本人が自力で歩いて向かった。/ブラッドリー医師は、米国の民間慈善団体「サマリタンズ・パース」などがリベリアで運営するエボラ出血熱の治療センターで活動中、この病気に感染した。〉

 

 報道だけではない。ロシア政府自体がこの問題に深く関与し始めている。8月3日の「ロシアの声」の報道を引用する。

 〈ロシア保健省の専門家グループが、西アフリカで猛威をふるうエボラ出血熱と戦う地元医師達を支援するため、ギニアに到着した。保健省のオレグ・サラガイ報道官が伝えた。/それによれば、ロシア保健省とロシア消費監督庁(連邦消費者権利擁護・福祉分野監督庁)の指示により、ギニアに派遣されたのは、ヴィクトル・マレーエフ・アカデミー会員、ミハイル・シチェルカノフ教授といったロシアを代表するウイルス問題の専門達だ。両者は、エボラ出血熱が発生し急激に蔓延した原因を調査する上で、豊かな経験を持っている。/エボラ熱にはワクチンが無いため、1300人を越える感染者のうち、既に729人が亡くなった。この病気の死亡率は、90%に達する可能性があるが、今のところそれは55%に抑えられている。〉

エボラ出血熱が生物兵器として使用される恐れ

 ヴィクトル・ヴァシーリエヴィッチ・マレーエフ教授(1940年7月22日生まれ)は、ロシアにおける感染症研究の第一人者だ。ソ連時代から保健省感染症中央研究所で勤務した。

 インテリジェンスの世界で、感染症の予防、治療と生物兵器開発は、メダルの表と裏の関係にある。感染症中央研究所は、軍の生物兵器開発とも深く関係している研究所だ。

 仮にどこかの国の研究機関がエボラ出血熱に対して有効なワクチンの開発に成功したとすれば、その国の軍隊は、エボラ出血熱を生物兵器として使用することが可能になる(自国軍の兵士には予防接種をしておけばよい)。

 また、イラク北部の油田地帯を占拠している「イスラーム国」(IS)やハマス、あるいは北アフリカで影響力を拡大している「マグレブのアルカイダ」などのイスラーム原理主義過激派が、テロの手段としてエボラ出血熱を用いる可能性も排除されない。

 エボラ出血熱の潜伏期間は2〜21日間である。自爆テロリストがエボラ出血熱に感染し、潜伏期間中に欧州や米国に渡航し、そこで死亡した場合、感染が急速に拡大する危険がある。あるいは、エボラ出血熱に感染した血液や体液を注射器に入れれば、それ自体が生物兵器になる。

 エボラ出血熱が生物兵器として用いられる危険を強く意識しているからロシアはこの感染症に有効なワクチンの研究に力を入れているのだと筆者は見ている。米露関係の悪化で、エボラ出血熱の予防、治療に関して、感染症研究の分野(裏返して言えば生物兵器開発の分野)で最も進んでいるこの2国が、全面協力を行うにはほど遠い。

 このような状況がテロリストに付け入る隙を与えることを強く懸念している。

 

筆者の記事一覧はこちら

【グローバルニュースの深層】記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る