経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

デブラシオ大勝のニューヨーク市長選にみる米国の変化

新生オバマのアメリカは今 津山恵子

デブラシオ氏は全米初の黒人妻を持つ白人市長

ビル・デブラシオ・ニューヨーク市長(写真:AFP=時事)

ビル・デブラシオ・ニューヨーク市長(写真:AFP=時事)

 米国では11月5日、ニュージャージー州、バージニア州の州知事やニューヨーク市長など地方の統一首長選挙が行われた。今年の各地の首長選挙は、来年の中間選挙を占う意味がある。また、幾つかの世相を反映する結果ともなった。

 ニューヨーク市長選は、民主党が推すニューヨーク市市政監督官ビル・デブラシオが、共和党のロタ候補を破って大勝。民主党候補を決める予備選挙では、現在のブルームバーグ市長の右腕でもあり、レズビアンでもある市議会議長クリスティン・クインが話題を集め、当初有力だったが、デブラシオが追い上げ、予備選挙で勝ち残った。

 デブラシオはまた、黒人妻を持つ白人市長としては、全米で初となる。白人の母親とアフリカ人の父親を持つオバマ大統領が2選を果たしている。

 しかしながら、白人市長の伴侶が黒人というのは、連邦最高裁が1967年、白人と黒人の人種間結婚を禁止する法律が違憲だと裁定してから、初めてという。黒人の女性首長に、白人の夫がいたことは、過去にあった。

 デブラシオは、黒人のシャーレーン・マクレーンと結婚。2人の間には、長男ダンテと長女キアラという2人の子どももおり、マクレーンと子どもが選挙戦にも頻繁に付き添っていたのは、好印象を与えた。

 得票率73%という地滑り的勝利を支えたのは、白人だけでなく、幅広い人種の支援があったからだ。それは、デブラシオが富裕層の増税など徹底的にリベラルな公約をしたことに加え、彼の妻が黒人だったからだ。

 米世論調査会社ギャラップによると、異人種間結婚を認めている米国民は、58年にわずか4%だったが、2010年には87%に上昇し、過去最大の支持率となった。また、10年に行われた国勢調査の時点では、新婚の15%が異人種間だった。

 しかし、白人男性は白人女性と結婚する率が、黒人、ヒスパニック、アジア系よりも依然としてかなり高く、97%となっている。従って、デブラシオのケースはいまだに極めて珍しい。しかし、それをニューヨーク市民が評価した。

 黒人でミシガン州立大教授のタイヤ・マイルズは、デブラシオの勝利に感激したと、AP通信に語っている。マクレーンは、黒人女性のセレブである歌姫ビヨンセや女優ハル・ベリーのように、髪の毛をストレートにしたり、白人風の化粧をすることもなく、黒人特有の編み込みのアフロヘアのまま、選挙戦に登場し続けた。長男ダンテも、デブラシオが予備選に勝利した際のテレビ映像では、今では珍しくなった巨大なアフロヘアで、父とともに舞台に立った。

デブラシオ氏の当選が象徴する多様性

 一方で、ニュージャージー州の州知事選挙でも、マイノリティーなど非白人有権者が重要な役割を果たした。勝利したのは、2選を果たした共和党のクリス・クリスティーだ。イタリア系とアイルランド系の両親を持つが、ヒスパニックなどマイノリティーからの票を集め、当選した。彼は、16年大統領選挙の共和党候補としても有力視されている。

 彼の勝因は、保守派最右翼のティー・パーティーとは一線を画す中道派の路線だ。投票日直前も、州の裁判所が同性愛結婚は違憲だと判断したのに対し、クリスティー知事が控訴を断念したため、ニュージャージー州は全米で14番目に同性愛結婚が合法化する州となった。共和党強硬派が毛嫌いする同性愛結婚を認めるきっかけを、クリスティーが作ったと言える。

 また、州知事になってから、135㌔に達したという体重も、白人離れしている。「肥満は就職に不利」として、体重維持を異様に重視するのは、あくまでも所得が高い白人の価値観だ。それをくつがえして、クリスティーが巨漢を抱えながらも、政界の要人であることは、ほかの人種には好感を持って受け止められている。

 ヒスパニック、黒人、アジア人は、これまでマイノリティーとされてきたが、確実に増え、実は既に米人口の半分に迫りつつある。白人がマジョリティーという時代は将来必ず終焉する。その意味で、非白人層の有権者は今後重要性を増す。

 一方、保守派住民が多い南部バージニア州で、民主党の新しい州知事が誕生した。民主党のテリー・マコーリフ元民主党全国委員長が接戦の末、ティー・パーティーの強い支持を受ける共和党候補を下した。マコーリフは、クリントン元大統領と親しい中道派で、これも最右翼や最左翼ではない候補者が勝利した例だ。

 黒人初のオバマ大統領が誕生してから5年。依然として、人種差別、あるいは性、階級に絡む差別が残るのは事実だ。しかし、同性愛者どうしの結婚が認められる州が増え、黒人妻を持つデブラシオが当選するなど、「多様性」を米市民が以前に増して受け入れる土壌が育まれてきたのは確かだ。

 

津山恵子氏の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る