経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

報道前に情報発信——戦場記者が変わる

津山恵子のニューヨークレポート

生の素材を投稿したベテラン記者

 イスラエルによるパレスチナ暫定自治区ガザ地区への空爆をめぐる報道で、大きな変化が起きている。ベテランの戦場記者が、現場からの目撃証言や、生の写真、ビデオをソーシャルメディアで流し、通常の「報道」とはやや異なる情報を発信しているという現象だ。こうした新しい動きに、メディア界では多くの混乱が起きている。

 例えば、米ネットワークテレビ局NBCの戦場記者エイマン・モヒェディン氏(35歳)のケースだ。エジプト生まれの米国人である彼は、中東最大のニュース専門局アルジャジーラからNBCに抜擢されたベテランだ。ガザ地区担当だった同記者は、ホテル近くの海岸で4人の少年とサッカーをしていたところ、イスラエル側からの砲撃に遭い、少年たちの死を目の当たりにした。海岸には、イスラエルがターゲットとしているハマス関連の軍事標的はなかったという。

モヒェディン記者

ガザからリポートするアルジャジーラ時代のモヒェディン記者

 この直後、NBCがモヒェディン氏をガザ担当から突然外し、ほかの記者を派遣したことをニュースサイト「ジ・インターセプト」のグレン・グリーンワルド記者がスクープした。グリーンワルド氏は昨年、米情報当局が市民や外国人の通信を大量に傍受しているというピュリツァー賞受賞記事を報じた記者だ。

 グリーンワルド氏によると、NBCはモヒェディン氏の「配置換え」について「安全上の懸念」からと説明した。しかし局内では、4人の少年が犠牲になった砲撃について、目撃したモヒェディン氏ではなく別記者が報じたことが疑問視されていた。さらに、グリーンワルド氏は、モヒェディン氏が少年らの死の直後、現場や両親の様子を伝える迫力の写真やビデオを、ツイッターやフェイスブックに掲載していたことを指摘した。米紙ニューヨーク・タイムズによれば、ツイッターの1つには「恐怖」という言葉も含まれていた。だが、これらの掲載はすぐに削除された。

 モヒェディン氏がガザからいなくなったことをめぐり、ソーシャルメディアではNBCに対する批判の声が相次いだ。その数日後、モヒェディン氏はガザに復帰し、8月上旬現在、フェイスブックにガザの様子を伝える写真を次々にアップしている。

1 2