経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

経営者が低金利で融資を受けるための3つの方法

銀行交渉術の裏ワザ

融資の際に経営者が金利に注意するべき理由

 「社長、今回の融資はOKとなりました! 金額3千万円は希望どおり、返済期間5年で、金利は2・8%です」

 私は銀行員時代、融資を申し込んできた企業に対し、こんなふうに審査が通った旨を伝えていました。

 実のところ、こうした銀行員の言葉には「ワナ」があります。それはもちろん金利の部分。実際は金利2・0%で稟議が通っているにもかかわらず、融資相手には、とりあえず2・8%と伝える。それで相手から何も言われなければ、その銀行員は上司から褒められるのです。

 企業の中には、金利についてあまり頓着しない向きがあり、銀行はそうした企業から金利を大きく取ろうとします。そのため、融資審査は極力低い金利で通しておき、金利交渉の幅を持たせ、先方にはできる限り高い金利を伝えるのです。

 結果、金利に無頓着な経営者は、高金利で融資を受ける「高金利社長」となり、金利に敏感な経営者は「低金利社長」になるというわけです。

 ですから、先の例のように「金利は2・8%です」と伝えられても、すんなり受け入れてはなりません。「それって金利が高過ぎないか」と反発することで、金利交渉が始まるのです。

融資を受ける際はまず金利をしっかり金額で把握する

 ここでぜひ、経営者の皆さんに取り入れていただきたい習慣があります。それは、金利を常に金額として把握することです。

 例えば、3千万円の融資を受け、金利2・5%、5年60回/月50万円を返済とするとして、完済までに支払わなければならない利息はいくらになるでしょうか。

 この利息総額を計算するには、返済期間までの平均融資残高を初めに計算すると分かりやすいはずです。

 当たり前の話ですが、5年後の融資残高は0円。ですから、この融資返済期間である今後5年間の平均融資残高は、次の計算式で割り出せます。

(3千万円+0円)÷2=1500万円

 そこから、5年間の支払利息を割り出す計算式は次のとおりです。

1500万円×金利2・5%×5年=187・5万円

 要するに、3千万円の融資を5年60回返済/金利2・5%で受けると、支払い利息は187・5万円になる、ということです。

 このように金利を金額に換算すると、融資を受けることは大きな買い物であると実感できるはずです。

 ここで金利交渉を行い、融資金利を1・5%に引き下げられたとすればどうでしょうか。先の計算式から、支払い利息総額が112・5万円になることが分かるはずです。つまり総額で75万円も「融資のためのコスト」を減らすことができるというわけです。

 また、融資を受けると、信用保証協会に対する保証料など利息以外の経費も発生します。その分も含めて、トータルで融資金利を検討する必要があるのです。

低金利で融資を受けるための3つの方法

 ならば、どうすれば、より低い金利で融資を受けることができるのでしょうか。ここでは、その方法を3つ、お伝えしておきます。

都道府県・市区町村の制度融資を探す

 各自治体には、低金利で融資を受けることができる制度融資があります。それらを自ら探したり、銀行に提案してもらったりしてください。ただし、制度融資には信用保証協会の保証が付くのが通常です。したがって、そのための保証料も加味して損得を検討する必要があります。

銀行同士を競争させる

 銀行が融資したい企業であれば、銀行同士を競争させることで、より低い金利を引き出すことが可能です。

 具体的には、銀行から融資の提案書をもらい、そこに金利も記させます。それを交渉の材料として用い、他の銀行から、より低い金利の融資提案をさせるのです。こうした作業を重ねていくことで、低金利で融資が受けられるようになっていくのです。

銀行員のノルマを利用する

 銀行の支店には営業担当の得意先係があり、融資の量は彼らのノルマのひとつです。したがって、銀行があなたの会社に融資を勧めてきたならば、そのノルマ達成に向けて得意先係が必死に動いていることの現れです。そのときには、金利交渉を有利に進めることができるのです。

 そして、その交渉の結果、例えば、金利1%前後での融資を受けることができれば、それがあなたの会社に対する金利設定の基準となり、今後もその基準に基づく融資が受けられるようになるのです。

筆者の記事一覧はこちら

銀行関連の記事一覧はこちら

金融関連の記事一覧はこちら

経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る