経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

おいしい大統領職

オバマ大統領の英語

オバマ米大統領は今年の2月20日、国内の地方テレビ各局とのインタビューに応じ、当時間近に迫っていた3月1日に発動期限が迫る850億㌦規模の歳出強制削減を回避するため、共和党に一段と圧力をかけた。

 何だか今回のデフォルト問題に似ているが、米国では最近小刻みにこの問題が繰り返している。

 当時オバマはABC系列でボストンに本拠を構えるWCVBとのインタビューで「これら自動的な歳出削減は回避される計画だった。このアイデアでは、民主党と共和党が合理的な財政赤字削減プログラムで協力することを見込んでいた」と述べた。この他、ボルチモア、オクラホマシティ、サンフランシスコ、ホノルル、サンアントニオ、サウスカロライナ州チャールストン、カンザス州ウィチタの地元テレビ局とのインタビューに応じた。

 あれから半年。

 債務上限の引き上げ期限が10月17日に迫る中オバマは再び地方テレビのインタビューに応じ、引き上げ期限や政府機関の一部閉鎖の影響などについて語った。

 そしてオバマは10月15日、ニューヨークの地方テレビWABCのダイアナ・ウイリアムズによるインタビューで、

「大統領でいることで最もクールなことは何か」と聞かれた。

 キャスターのダイアナは自身の娘の質問として、

“the coolest thing about being president was being friends with entertainment power couple Beyonce and Jay-Z?”

〈大統領でいて最もクールなことは、(歌手の)ビヨンセとジェイ・Zのカップルと友達でいられることか〉

 と質問したのである。

 ビヨンセとジェイ・Zは夫婦だ。夫のジェイ・Zはオバマ大統領の選挙キャンペーンで支援金を集めた。彼はオバマと親交があることをこう語った。

“Yeah, I’ve spoken to him on the phone and had texts from Obama, of course,”

〈電話でもオバマと話すし、携帯メールも交わすよ、もちろん〉

 オバマがジェイに金銭的なサポートを受け、一方のジェイは大統領の権威を借りる。有名人を利用すれば有名人に利用される。そういうものだろう。

 一方、妻のビヨンセは大統領の2期目の就任式で国歌を斉唱した。が、このビヨンセの国歌斉唱が口パクと暴露された。

 口パクは、英語でlip-synchingと言う。

“By lip-synching the national anthem, Beyonce has cast a dark cloud over the President’s second term,”

〈国歌斉唱を口パクで行ったことにより、ビヨンセは大統領の2期目に暗雲を立ち込めさせた。〉

  と言ったのはケンタッキーの上院議員ランド・ポールである。

“The only way President Obama can remove that cloud is by resigning from office at once.”

〈この暗雲を追い払うにはオバマ大統領は直ちに大統領の椅子から去らねばならない〉

 と極端なことを言った。

さて、地方局での「大統領でいて最もクールなことは、(歌手の)ビヨンセとジェイ・Zのカップルと友達でいられることか」という質問に対してオバマは、

“That is a view shared by Malia and Sasha”

〈(娘の)マリアとサーシャもそういう風に考えています〉

 と笑って話した。

“For me, I think the coolest thing is that if there is somebody interesting who’s doing anything – a scientist, a sports figure, a writer, anybody in the world – if I want to call them up … they will answer my phone call. That’s a pretty cool thing,”

〈私にとって最もクールなことは、例えば誰か興味深い何かをしている人がいれば、それが科学者であれ、スポーツ選手であれ、作家であれ、世界の誰であれ、私が彼らのうちの誰かに電話をするとすれば、答えてくれるということです。それはとてもクールなことです〉

 クールcoolとは、ここでは、素晴らしい、というような意味である。かっこいい、という意味で使われる場合もあるし、落ち着いた、という意味で使われることもある。まあいい、という状況を表す場合もあるから前後の文脈で意味は随分と変わる。“cool” peopleというと興味深い人々とか、かっこいい人々、話題の人々となる。

“During the past several months, Obama has welcomed to the White House a host of “cool” people, including the Baltimore Ravens, the current National Football League champions, “Star Wars” creator George Lucas, singer-songwriter Carole King, and author Joan Didion.”

〈ここ数カ月でオバマはボルチモア・レイブンズやナショナル・フットボール・リーグのチャンピオンやスターウォーズの作者ジョージ・ルーカスやシンガーソングライターのキャロル・キングや作家のジョーン・ディディオンら話題の人々をホワイト・ハウスに招いている〉

[今号の英語]for all the tea in China
 中国のお茶を全部くれるとしても、という意味だが、つまり、どんなに金を詰まれても絶対に~しない、という場合に使う英語である。
 昔、お茶というものは貴重品だった。だから、どんなにお茶を積まれても首を縦に振らない、というような文脈で使う。
 誰もが自分の電話を取る、という上記のオバマの発言記事に対してこういう一般人からの書き込みがあった。
“I wouldn’t take a call from this buffoon for all the tea in China.”
〈この愚か者から電話がきたら、僕はたとえ中国中のお茶を積まれたとしても答えないね〉
 同様の趣旨のコメントは5件。最近のオバマの人気がうかがえる。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る