経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

安倍首相“コピペ・スピーチ”問われる政治家の「言葉の重み」

イラスト

現代の政治家に必要不可欠な〝発信力〟

イラスト/のり

イラスト/のり

 「昨年、自らが読んだ原稿とほぼ同じだったが、他人の原稿のコピペではない。そんなに目くじらを立てる話ではない」

 ある自民党衆院議員はこう語る。8月6日の広島市の平和記念式典、続いて9日に行われた長崎市平和祈念式典で安倍晋三首相が読んだスピーチ原稿が、昨年と同じだったと指摘された、いわゆる〝コピペ問題〟である。

 コピペ、つまり「コピー・アンド・ペースト」は、文章やデータなどを複写・複製(コピー)し、別の場所などへ転写・貼付(ペースト)する操作を表すコンピューター用語で、今年、STAP細胞論文で理化学研究所の小保方晴子氏が論文にコピペしたとの指摘を受け、問題化した。

 前出の議員は、他人の原稿の引用ではなく、小保方氏とは全く別の話だと一笑に付すのだ。そして、こう続ける。

 「式典には、ある程度の定型文がある。それを逸脱してヘンなことを言ったら、それこそバッシングの対象になる。それを前回と同じだと批判するのは、重箱の隅を突くようなものだ」

 しかし、果たしてそうだろうか。今さら改めて言うまでもなく、政治家の言葉はとてつもなく重い。時のリーダーともなれば、なおさらだ。

 「私が、小泉が、自民党をぶっ潰します!」

 2001年4月、自民党総裁選に出馬した小泉純一郎氏はこう大衆に語り掛け、党員だけでない〝小泉旋風〟を巻き起こしたことは、まだ記憶に新しい。

 「政治家は発言に、言っていいこと・悪いこと、言っていい人・悪い人、言っていい時・悪い時に普段から気を配らなければならない」

 「今太閤」「コンピューター付ブルドーザー」と呼ばれた田中角栄元首相は、独特のダミ声で数々の名言を残してきた。

 このように、いつの時代もリーダーの「言葉」が注目され、「政治の推進力」になってきた。

 近年では、さらにその言葉は戦略的になり、「スピーチライター」の存在が注目されるようになってきた。代表的な例は、米国のオバマ大統領だろう。08年、大統領選を制した際、地元・シカゴで行われた勝利演説は名演説として伝えられている。

 「今この時にこそ、アメリカの夢を取り戻し、基本的な真理を再確認しなくてはなりません。大勢の中にあって、私たちはひとつなのだと。息をし続ける限り、私たちは希望をもち続けるのだと。そして疑り深く悲観し否定する声に対しては、そんなことできないという人たちに対しては、ひとつ国民の魂を端的に象徴するあの不朽の信条でもって、必ずやこう答えましょう。Yes we can!」

 政治家個人のキャラクター、その思いをどう伝えるのか。綿密な打ち合わせの上に作成されたものだという。

 軽妙に記者会見で質問に答える回転の早さとともに、現代の政治家には、このような発信力が必要不可欠であり、それを支えるのがスピーチライターだというのだ。

言葉の重み・個性より揚げ足を取られないことが優先される

 もちろん、経営者でも言葉の重要性は同じ。例えば、56歳の若さでこの世を去り、世界中が悲嘆に暮れたアップル社の創業者、スティーブ・ジョブズ氏はこう語る。

 「墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、われわれは素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ」

 日本でも数多くのカリスマ経営者の言葉が書籍になっている。例えば、京セラ創業者の稲盛和夫氏はこう語る。

 「強い思い、情熱とは、寝ても覚めても24時間そのことを考えている状態。自分自身の成功への情熱と呼べるほどの強い思いが、成功への鍵」

 政治家にしても、経営者にしてもトップの言葉には重みがある。そして今やその多くは、経営企画室などブレーンスタッフが精査し、世に送り出していることが多い。

 ところが、日本の政界ではまだスピーチライターの役割は乏しい。野党関係者は語る。

 「各党、代表ら幹部のスピーチ原稿は、党職員らが仕上げます。元代議士秘書だったり、元マスコミ関係者だったりです。しかし、式典などの場合、定型文をベースにして、ミスのない原稿づくりが優先されがちです」

 代議士の個性や思いより、揚げ足を取られない原稿が優先されるのだという。

 安倍首相が言葉を大切にしていないとは言わない。しかし、式典を軽んじていたのではないかという誹りを受けても仕方ない。被曝者だけでなく、国民全体に、そして世界に発信する機会を自ら棒に振ったのだから。そして、各政治家はこれを他山の石とするのではなく、自らを戒める教訓としてほしい。

 

【永田町ウォッチング】記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る