経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

イラクに引き戻されたオバマ大統領の決意

津山恵子のニューヨークレポート

イスラム国が米国人記者の殺害動画を公開

 今年8月26日、ノースカロライナ州シャーロットで開かれた退役軍人会全国会議で、オバマ大統領は、この夏一番熱の入った演説を行った。

 「過去に何度も証明してきたが、米国人を捕らえ、傷つける者達に対しては、必要な手段を取ってきた。どこまでも追い詰めるということだ」

 「国民と国土を守るために、必要な直接行動を取り続けるだろう」

 これには盛大な拍手が起きた。8月19日に、イラクのイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国(ISIS)」が、約2年前からシリアで行方不明となっていた米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏の首を切断したというビデオを「米国へのメッセージ」というタイトルで公開したばかりだ。別のビデオでは、「オバマよ、米国市民の命は、お前の次の決定次第だ」とISISメンバーが叫んでおり、オバマ政権は、これに対する態度を早急に示す必要があった。

 オバマ大統領は、イラク戦争とアフガニスタン侵攻の双方から時間をかけて撤退し、2つの戦争を終わらせた大統領として名を残したかったに違いない。しかし、いとも簡単にイラクへの武力行使に引き戻されてしまった形だ。

 フォーリー氏が処刑されるまでの過程を振り返ってみる。

 8月8日に始まった米軍によるイラク北部での空爆は24日までに17日間も続き、計96回に上った。北部でISISが勢力を拡大し、イラクで最大のモスル・ダムを制圧したこと、さらにISISにより、数万人のクルド人少数派ヤジディ教徒がシンジャル山に追い込まれていたという2つの理由で空爆は始まった。

 イラク戦争に辟易した米有権者を意識し、オバマ大統領は慎重な態度を取り続け、ヤジディ教徒を救出するという人道的な意味から、あくまでも「限定的」な空爆にとどめてきた。そして、この武力行使は成果を上げた。モスル・ダムは19日にも、空爆に支援されたクルド人部隊とイラク治安部隊が掌握した。ヤジディ教徒を追い込みシンジャル山を包囲していたISISも空爆で後退し、多くのヤジディ教徒は無事に脱出した。

1 2