経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

この夏、幸福度を上げるトレーニングを開始しよう! ~心身のアンチエイジング【ヨット編】~

老けるな!日常生活のメディカル冒険

坪田一男(つぼた・かずお)慶応義塾大学医学部教授。1955年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許取得。米ハーバード大学にて角膜フェローシップ修了。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術における世界的権威。再生角膜移植のほか、近視・乱視・遠視・老眼などの最先端の治療に取り組む。近年は研究領域を抗加齢医学=アンチエイジング医学に広げ精力的に活動。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事など。著書に『老けるな!』(幻冬舎)、『長寿遺伝子を鍛える』(新潮社)、『ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門』(文春新書)ほか多数。

 

ヨットの世界チャンプとマスターズ挑戦に向けトレーニング開始

手前が僕。日本で唯一、スナイプの世界チャンピオンを持つ、甲斐幸氏と共に

手前が僕。日本で唯一、スナイプの世界チャンピオンを持つ、甲斐幸氏と共に

 夏だ。夏と言えば、海である。

 僕は学生の頃、真冬のオフシーズン以外は毎日のように江ノ島に通ってヨットをやっていたこともあり、海を思い浮かべるだけでワクワクするほど海が大好きだ。とはいえ、ここ十数年はヨットに乗る機会もめっきり減っていた。ところが、そんな僕が、なんと2014年のマスターズのスナイプ級部門に出場することになった。しかも、1979年に日本人として初めてヨットの470級世界選手権大会で優勝し、今でも日本のヨット界を牽引するヨット界のスーパースター、甲斐幸さんとご一緒に、である。

 甲斐さんと言えば、僕が学生の頃から雲の上の存在だった。その甲斐さんに「坪田、一緒に闘わないか?」と声を掛けていただいたのだ。そんな日がくるとは夢にも思っていなかったし、世界チャンプと共にマスターズに挑戦するなどということが自分にできるのか、という不安や迷いがなかったわけではない。

 しかし、僕は出場を決めた。ブランクがあるとはいえ、若い頃に培った経験や技術を生かし、これまでの人生経験や、健康、医学の専門家としてのバックグラウンドを加えれば、「今だからこそできる」試合ができるのではないかと考えたからだ。その試合に憧れの甲斐さんと挑むことができるなんて、これほどありがたいことはないではないか。これはもう挑戦するしかないと、カラダの中からやる気と情熱が沸き上がってきた。

 今年4月には、さっそく江ノ島で新艇のお披露目と初練習も行った。その日は10㍍程度の風が吹いていて、練習中はかなり腹筋を使うことになり、本音を言えば結構大変だったのだが、久しぶりの海は本当に気持ちが良かった。毎日江ノ島の海でヨットをやっていた学生時代を思い出し、「やっぱり海はいいな」「ヨットはいいな」と素直に思った。

 そして、好きなヨットをこうしてやれていることの幸せを、しみじみと感じ、声を掛けてくださった甲斐さんをはじめ、支えてくれるみんなへの感謝の気持ちでいっぱいになった。

アンチエイジングにはチャレンジとトレーニング、幸せな仲間が大切だ

 近年、「幸せ」と健康や長寿の相関関係、因果関係を示す論文が次々に発表されている。11年には科学誌『Science』に「Happy PeopleLive Longer=幸せな人は長生きする」という総説が発表され、今や「幸せ」は運動や食事と同様、健康で長生きするための重要な要素として科学的に認められている。

 では、僕たちはどういう時に幸せを感じるのだろう。一般に年収が多いほうが幸せだと考えられがちだが、02年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン博士が米国人45万人を対象に行った調査は意外なものだった。年収が多ければ多いほど「生活満足度」は上がるが、「幸福度」は年収7万5千㌦(日本円で約700万円)で頭打ちになるというのだ。

 また、日常生活の中で「幸せと感じられる時間」や「不機嫌な時間」がどれくらいあったかを調べた別の調査によれば、「幸せ」と最も大きな相関関係があったのは「睡眠」と「上司」だったそうだ。

 前述のカーネマン博士によれば、僕たち人間は他人との比較によって、たやすく「幸せ」を見誤る。そこで最近では、幸せを感じて健康で長生きするにはどうすればよいか、という科学的なアプローチも研究されている。その結果、朝起きた時に、楽しかったことや幸せだと感じる光景を思い浮かべたり、1日の終わりにその日あった「いいこと」を3つ書き留めるというのも、良い方法だということが分かってきた。

 さらに、「幸せは、友人の友人の友人」にまで感染するという研究報告もある。例えば、あなたが幸せなら、あなたの友達の友達、そのまた友達にも感染し、3人目の友人の幸福度は約6%もアップするのだそうだ。

 筋肉を鍛えるにはトレーニングが必要なように、幸せを感じるのにもトレーニングが大切だ。幸せな仲間と過ごすことや、新しいことに前向きにチャレンジすることも大切だろう。それが健康で長生きする確率を高めることにもつながるのだ。

 僕はこの夏、大好きな海で、幸せな仲間に囲まれて、ヨットの練習を始める。あなたもこの夏、心身のアンチエイジングを目指して、何かにチャレンジしてみてはいかがだろう。

★今月のテイクホームメッセージ★

 幸福度を高めるチャレンジやトレーニングを始めよう!

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る