経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

野球の原点 打撃練習として見直すべき「素振り」の奥深さ

スポーツインサイドアウト

野球の原点 素振りにはマシンでは得られない感覚がある

 もう一度、野球の原点に立ち帰れということか。

 今夏の甲子園、5試合で58得点を挙げた福井代表・敦賀気比の猛打には目を奪われた。

 腰の入ったバッティングは冬場の1日1千本の素振りによって磨き上げられたものだ。しかも6秒刻みでバットを振り続けたというから、おのずと下半身は強化される。バットを振る力も身に付く。

 つい先日、阪神の掛布雅之GM付育成&打撃コーディネーターと会った際、力説していたのが素振りの重要性だ。

 「最近の選手はマシンのボールはよく打つのですが、素振りが少ない」

 そう前置きして、掛布は続けた。

 「マシンは同じリズムで投げてくるから、同じように打とうとする。ところがピッチャーは微妙にバッターのタイミングを狂わせながら、カーブやスライダー、あるいはフォークボールやカットボールを投げてくる。

 そういうボールを自分が主導権を握って打ちたいのであれば、どんなボールにでも対応できるスイングを身に付けなければならない。それはマシンではできないんです。素振りじゃなきゃ」

 鉄は熱いうちに打て、とばかりに若き日の掛布を鍛えたのが当時の阪神打撃コーチの山内一弘である。

 山内は常にゴルフクラブを2本持参して練習場に現われた。なぜゴルフクラブなのか? 掛布は、こう説明する。

 「山内さんは、その2本のゴルフクラブを横に構え〝カケ、この間を抜いてみろ〟と言うんです。要するに狭い空間を振り抜け、ということです。そうやってレベルスイングの基本を体に覚え込ませようとしていたんです。

 この練習がだいたい2時間。その前からの練習も入れたら、もう4時間くらい振りっぱなし。練習後にアンダーシャツを絞ったら、雑巾を絞った後の水みたいに汗がザーッと出てくるんです。

 でも、これは役に立ちました。振る力がないと体がギッコンバッタンして、レベルでは(ゴルフクラブの間を)抜けないんです」

 一見スパルタ式だが、実は合理的な練習法だったのだ。

王貞治が語った素振りの効能

王貞治

王貞治の「一本足打法」は真剣の素振りによって完成した

 素振りと言えば真剣を使った現役時代の王貞治のパンツ一丁での〝たんざく斬り〟にとどめを刺す。これを指導したのが当時の巨人打撃コーチ荒川博だ。

 どんな効能があったのか。以前、王はこう語っていた。

 「新聞紙でつくったたんざくは、横っ面を叩いても斬れません。運動の方向に刀の刃が向いていなければダメなんです。刀を使うことでボールの中をバットが通り過ぎるように振り抜く感覚がつかめました。

 角度に関しては、よく〝上から叩き斬れ〟と言われましたが、実際には無理。バッティングも同様で、上からボールを叩くのがダウンスイングと考えている人もいたけど、ヘッドの重みでどうしても(バットは)下がってしまう。

 だから僕が常に意識していたのは、必要以上にバットのヘッドが下がらないこと。だから上からボールを叩くぐらいの感覚で打ちにいくのがちょうどいいんです」

 では、なぜパンツ一丁だったのか。指南役の荒川の答えは、こうだった。

 「バットをビュッと振った時に余計な力が入っていたら、すぐに肩や腕の筋肉に表れる。歌舞伎の六代目尾上菊五郎がそうだったんだよ。踊りの名手と言われた彼は常に浴衣で稽古をやっていた。鏡を見ていて、どこに無駄な力が入っているか分かったというんだ。それにヒントを得たんだよ」

 オンリーワンにしてナンバーワンの技術と言える王の「一本足打法」は、こうした鍛錬に近い練習を経て完成したのである。

集中力を養い、イメージを豊かにできる素振りは野球の基本

 近年、バッティング練習の主役は素振りからマシンに移行してしまった。キャンプでは〝柵越え〟の数ばかりが取り沙汰される。

 昨年限りでユニホームを脱いだ元阪神の桧山進次郎はルーキーの年、柵越えの罠に陥ってしまった。

 「〝桧山、柵越え○発〟という紙面を見て、自分も調子に乗りましたね。タイガースはお客さんが多いので、打撃練習でホームランを打つとみんな拍手してくれるんですよ。それに乗せられて、どんどん大きなスイングになりました」

 この反省を元に、原点に戻り、素振りから見詰め直した。

 「マシンだと、どうしても当てにいくことがメーンになる。その点、素振りは集中力を養い、ボールに対するイメージも豊かになる。マシンでひとつ打つことより、ひとつ素振りをすることの方が、実はしんどい。だから鍛えられるんです」

 素振りなら、ひとりでもできる。自分と向き合うことが上達の第一歩なのだろう。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る