経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

中国人と日本人の消費と貯蓄行動

グローバルニュースの深層

貯蓄好きは中国人も同じだが…

 日本人は貯蓄好きで有名であり、1人当たりの平均で1千万円以上の金融資産を保有しているといわれている。しかし、日本人はその貯蓄を効率よく運用することについてそれほど得意とはいえない。特に、多くの日本人は株式投資になぜか偏見を持っているようだ。

 例えば、サラリーマンは昼休みに同僚に「銀行に行ってくる」、「郵便局に行ってくる」と伝えることはあっても、「証券会社に行ってくる」とはいわない。標準的な日本人なら金が貯まった場合、ゼロ金利が続いていても銀行に預金する。

 では、中国人の貯蓄行動はどのようなものなのだろうか。恐らく貯蓄好きについては日本人と同じであろう。ただし、中国人は貯めたお金をできることならば、銀行に預金しない。なぜならば、中国では預金金利は往々にして物価上昇率を下回り実質金利がマイナスになったりするからである。

 まず、中国人は住宅の頭金ぐらいのお金が貯まった場合、間違いなく家を買う。そして、住宅の頭金ほど貯まっていないが、そこそこまとまったお金が貯まった場合、ゴールドや翡翠などの貴金属や宝石類に投資する。さらに、日本円で数万円から十数万円まで貯まった場合、金融機関が販売する「理財商品」と呼ばれる金融商品に投資する。「理財商品」とは投資信託の金融商品であり、銀行の定期預金より利回りは高い。2014年8月現在、「理財商品」の利回りの加重平均は5・2%といわれている。

日本人は収益性より安全性

 日本人が一生懸命貯めたお金を銀行に預金するというのは、金融資産の安全性を一番重視している表れである。それに対して、中国人は安全性や流動性よりも収益性を重視する傾向が強い。それは中国人の国民性に由来するものとまでは断言できないが、経済学的な解釈として社会保障制度の整備が遅れているため、人々は将来の生活を心配して当座の消費を抑え貯蓄を増やしている。しかし、将来の生活を担保するならば、安全性を無視して収益性を追求するというのはいささか理解しがたい解釈である。

 実は、中国の一般家庭は将来の生活よりも、目下のインフレーションからの影響をいつも心配している。インフレが再燃すれば、家計の金融資産はその分目減りする。政府が公表している13年のインフレ率(消費者物価指数)は2・6%だった。一方、商業銀行の1年ものの定期預金の金利は3・25〜3・3%である。こうしてみれば、金利はプラスであり、特に心配はいらないと思われる。

 しかし、一般家庭が感じている物価上昇率は、政府が公表しているインフレ率から大きく乖離している。中国の物価の中で食品関連の価格上昇は一番顕著であるが、政府が公表するインフレ率は食品関連価格のウエイトが低く抑えられているため、過小評価されている可能性がある。ちなみにインフレ率が過小評価されていることで実質GDP伸び率が過大評価されていると考えられる。

 総じていえば、公式統計が示すほど中国経済は成長しておらず、政府が公表している統計よりも一般家庭が感じているインフレ率のほうが高い。そこで一般家庭は限られた貯蓄で自己防衛策としてハイリスク・ハイリターンの投資を行っている。

中国人の派手な消費行動の背景

 中国は1人当たりGDPが7千ドル未満の中進国である。だが、中国人の派手な消費行動をみれば、まるで世界一豊かな国のようだ。中国の5千年の歴史のなかで孔子や孟子といった賢人は生活が倹約でなければならないとの教えをたくさん残してくれた。しかし、その子孫たちはまるで先祖の教えを無視して豪勢な生活を追い求める。中国では腹八分目が健康の秘訣とよくいわれるが、共産党幹部や企業経営者などの富裕層は毎日のように暴飲暴食する。その結果、糖尿や脂肪肝といった成人病の発症率が急騰しているといわれている。

 中国人は派手な買い物をする傾向が強いが、それは単なる見栄だけではない。中国人にとっては、自らの所持品を持ってそのステータスを誇示することが重要なのである。例えば、同じビジネスでも2つ星ホテルの喫茶コーナーではその商談がまとまらないかもしれないが、5つ星ホテルのラウンジに場所を変えれば、すぐさま商談が成立することがよくある。

 中国の諺には、「人不可貌象」(人は見た目によらず)という言い方があるが、同時に「人靠衣装、馬靠鞍」(美しい人に良い服装が必要、良い馬には良い鞍が不可欠)という言い方もある。競争の激しい中国社会では、実力だけでは不十分であり、そのステータスを示すモノが必要である。これこそ中国人の派手な消費行動をもたらす社会的背景である。

 むろん、いかなる社会でも、貯蓄と消費のバランスが重要である。収益性の追求に頼った貯蓄行動では、バブルの崩壊で社会不安が起きる恐れがある。一方、消費は家計の実力以内に抑える必要がある。今の中国社会では、貯蓄も消費もやや常軌を逸した感じが強い。

 

【グローバルニュースの深層】記事一覧はこちら

柯 隆氏 記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る