経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

デング熱、マラリア――熱帯医学を再考する

現代医療の真相

筆者プロフィール

(よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジオ出演、テレビ番組企画・監修も行っている。NPO日本サプリメント評議会代表理事、NPO日本プレインヘルス協会理事。

 

熱帯病への関心を高めたデング熱の国内感染

 私が愛犬といつも散歩している代々木公園。そこに生息する蚊がデング熱のウイルスを媒介していたことで、大きな騒ぎになっている。

 昨今の日本人は、「熱帯の病気(以下、熱帯病)」に無防備で、関心もあまりない。そのため、この種の病気がいくら海外で流行しても、「日本には無関係」と医療関係者ですら考えていたはずだ。

 だが、日本列島の亜熱帯化で熱帯病が日本でも次第に蔓延してくるとの予測は以前からあった。そんな中でのデング熱の国内感染で日本人も熱帯病に無関心ではいられなくなったのではないだろうか。もっとも、今回のデング熱は、日本の亜熱帯化が直接的な原因ではない。海外からの渡航者がデング熱のウイルスを日本に持ち込み、代々木公園の蚊がそれを媒介したようだ。その意味で、亜熱帯化とグローバル化を背景に、「病気のボーダーレス化」が進行した結果と見なすことができる。

マラリアが制圧できない背景

 私は医学部の学生のころ、熱帯医学研究会という学内クラブ的な会に所属していた。当時から熱帯医学は不人気な専門科目で、先進国では消滅していく医学のように思われていた。だが、熱帯医学研究会を主導していた教授は大変熱意にあふれた人で、アマゾン川での医療経験も有していた。その教授が私は好きで、阻害された熱帯医学に逆に関心を持ったのである。

 病気を世界規模でとらえると、日本の医者が診ている病気がいかに限定的かが分かってくる。とりわけ、熱帯病は、世界での数・種類が圧倒的に多い。先進国では、がん・糖尿病・認知症などの病気が主たる治療対象になっているが、地球全体で見た場合、死亡原因の多数を占めるのはマラリアだ。世界保健機構(WHO)の推計によれば、今日でも100カ国余りでマラリアが流行し、年間2億人強の感染者と、200万人の病死者を出しているという。その多くは、サハラ以南のアフリカにいる5歳未満の小児だ。

 これだけ多くの人がマラリアで亡くなっているにもかかわらず、国際社会はこの病気を制圧できていない。もちろん、マラリアの治療薬はある。それでも、病気を制圧できていないのは、薬剤耐性の問題や政治的な問題、さらには経済的な問題が複雑に絡み合っているからだ。

 少し乱暴な言い方をすれば、国や製薬会社が注ぎ込む資本(研究開発費)の過多で、病気の治療が可能になるかどうかが決まる。そして、営利企業である製薬会社や裕福な先進国が多額の資金を投じるのは、市場性の高い病気--つまり、その国で多く見られる病気だ。ゆえに、糖尿病・高血圧などに対しては続々と治療薬が出てくるが、市場性の低い熱帯病は、先進諸国も製薬会社も興味を持たない。医者たちにしても、治療対象が多くいるからこそ、それぞれの専門分野の知識が生かせるわけで、患者数の少ない熱帯病に対する関心はどうしても低くなる。

 実際、若い世代の医者たちも、熱帯病に対する関心は薄く、私の学生時代同様、熱帯病に詳しい日本の医者は本当に少なく、熱帯病の臨床経験のある医者となるとその数はさらに減る。だから、デング熱の感染で、日本全体が「あたふた」としてしまうのである。

デング熱騒動に学ぶべきこと

 「本当に人を助けたいと思うなら、高血圧患者を診るのではなく、視野を広げ、マラリアの治療にいきなさい」--。

これは、熱帯医学を専門とする、ある有名教授の言葉だ。

 確かに、医者を増やすのは、何も国内医療のためだけではないだろう。世界的な視野でとらえれば、海外、特に熱帯地方で医者が活躍する場はいくらでもある。また、日本の国際的な立場を考えれば、より多くの医者を海外で活躍させるべきだ。しかしながら、医者たちが熱帯地方などで活躍できるチャンスはまだまだ少なく、大学にしても、世界に蔓延している熱帯病の研究者を増やそうとする努力に欠けていると言わざるを得ない。

 だが、今回のデング熱騒動で熱帯病がもはや「対岸の火事」ではないこと、そして、気候変動やグローバル化の進展によって、病気のボーダーレス化がわれわれの想像以上のスピードで進んでいることが明らかになった。これは、熱帯病の存在を忘れかけていた日本の医療関係者のみならず、国全体にとっても衝撃的な出来事だろう。日本は今、観光立国を目指しているが、それにも感染症の大きなリスクが伴うのである。

 この問題は、単に検疫をしっかりすれば解決し得るものではなく、日本の医療と国が本気で備えていく必要がある。実際、デング熱がより感染性・致死性の高い病気であったなら日本中がパニックに陥っていたはずだ。今回の教訓を糧に対策を真剣に考えていかねばならない。

 

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る