経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

日本化する欧州 本格的な量的緩和へ舵を切ったのか

WORLD INSIGHT

デフレの瀬戸際にある欧州

 「通貨は詩と似ている」。幼いころから詩をこよなく愛した、前欧州中央銀行(ECB)総裁、ジャンクロード・トリシェ氏の言葉である。「500年前の俳句のように金貨は鋳造時の姿を保つ。これは非常に重要な点だ。時を経ても価値を保つ不変の大切さをわれわれに教えてくれるからだ」(日本経済新聞「私の履歴書」)。

 セントラルバンカーにはインフレファイターのDNAが流れている。「通貨の番人」との自負が遺伝子として引き継がれている。特に欧州はその気概が強い。「ユーロを守るためならなんでもする」というスタンスが一番の根っこにある。リーマン危機から3年もたたず、欧州債務危機が拡大する最中の2011年に当時ECB総裁だったトリシェ氏は2度の利上げを断行している。それだけをもって金融政策を誤ったのかは評価が定まらないが、日米英欧の中では欧州の経済状況が最も厳しいことは事実である。

 日米英はリーマン危機の後遺症から立ち直りつつある。その反対にユーロ圏は「ジャパナイゼーション(日本化)」とも言われるデフレ懸念が深刻だ。ユーロ圏の8月の消費者物価指数は前年同月比+0・3%とデフレに陥る瀬戸際にある。

 一向に改善しないディスインフレ状況を受けて欧州は追加の金融緩和策を打ち出した。すべての政策金利を0・10%引き下げ、指標となる金利は過去最低の0・05%とした。預金ファシリティの金利幅は▲(マイナス)0・10%から▲0・20%へと拡大した。これを受けてドイツの短期金利は大幅なマイナス圏に入っている。3年物短期国債の利回りまでがマイナスという異常とも言える事態となっている。このドイツの短期金利のマイナスは、金融機関がいかに「カネの置き場」に困っているかを反映したものだ。

 前回の緩和策で打ち出されたTLTRO(Targeted-LTROs)は、その第1弾が今月実施される。TLTROとは銀行による実体経済への融資を促進するため、銀行に超低金利で期間4年の資金を貸し出す長期資金供給オペレーションのこと。当初分(9月12月)で2千億ユーロ程度の借り入れが出ると予想されている。

 実はこの前回の緩和策が実行される前(TLTROの初回は9月18日実行)に追加緩和策の決定はないだろうと市場の多くは見ていただけに、今回のECBの決定は「サプライズ」であった。

1 2