経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

株価暴落は何を意味するか?

経済万華鏡

何も起きていないのに株価暴落

 前回、株価はバブルであると書いたら、発刊の前に大暴落が始まってしまった。

 株価は、なぜ暴落したか。それは、株価が上がっていたからである。上がらないものは下がらない。理由がなく上がったのだから、下がるのにも理由はない。

 問題は、下落の仕方だ。5月23日は、日経平均が1日で1143円下がったといわれているが、その日は、前日から比べると大きく上げで始まり、その後暴落した。さらに、夜間の先物取引では大幅下落継続だったから、先物の幅を見ると2千円も動いている。

 1日で2千円動くというのは、何か事件が起きないとあり得ない。リーマンショックよりも大きく、震災よりも大きかったのだ。そして、その日は何も起きていなかった。

 さらに、23日に暴落が起きた後は、毎日乱高下した。乱高下する中で、水準は大きく下がっていった。1日の中での値動きが大きく、しかも、午前中は寄り付きからは上がって始まり、その後、午後から暴落、というパターンが多かった。

株価暴落のメカニズム

 これは、現状がバブルであり、今買っている投資家は、ここ数カ月の急騰で大きく儲け、さらに儲けようとしているか、他の投資家が儲けているのを見て、遅まきながら儲けようとしている個人投資家などである。彼らは上がるから買うのであり、彼らが買うから、外資系ファンドが買い尽くした後でも、株価上昇が継続した。

 そこへ、十分買い尽くした外資系ファンドが、売りタイミングを見計らって売ってきた。さらに、個人投資家のバブルを狙って、ヘッジファンドが売りを仕掛けてきた。これにより、相場は一気に暴落したのである。

 上がり続けていたという理由だけで買っていた投資家は、パニックになったが、戻すことを期待した。だから、いったん下げた後、ヘッジファンドは午前中に買いを仕掛け、この暴落は調整だ、買いチャンスだ、今日から反転だと思わせ、個人投資家をさらに引き込み、午後から売り浴びせ、まだ早かったと後悔させ、投売りを誘ったのである。

 この予兆はあった。5月23日の暴落直前の21、22日は大幅上昇し出来高が急増していた。これは、ヘッジファンドが持株を売りきり、後は空売りという体制を作っていたのである。

 そして、暴落は6月4日に止まった。これは、投売りをする人はすべて投売り、もはや仕掛ける側が儲からなくなったからであった。売りが出尽くして、暴落は止まった。5月末の暴落のメカニズムは、このようなものであったのである。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る