経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフのスイングが別物になる!! コツはトップのシャフトの向き!!

スイング

 トップでのスイングチェックはシャフトの向きを見る。だがシャフトの向きだけ修正しようとしてもうまくいかない。グリップや動き方のタイプに応じてシャフトの向きが決まってくるためだ。スイング全体を考えながらトップの形を確かめることがカギとなる。

ゴルフにおけるスイングは飛球線と平行以外は修正動作が必要となる

 正しくバックスイングすると、トップオブスイングでもクラブはスイングプレーンに乗っているはずです。確認するには、飛球線後方からシャフトの向きを見ます。ドライバーではカラダが大きく回るため、シャフトは飛球線と平行、つまりヘッドが目標を差すのがオンプレーンです。

シャフトクロス

〈シャフトクロス〉
シャフトが飛球線より右を向くのはシャフトクロス。振り遅れてスライスや戻し過ぎて引っ掛けの原因となる

 それに対し、シャフトが右を向くのはシャフトクロス。特別体が柔らかい人を除けばフェースを開いて腕をねじったり、ヘッドだけ動かしたりしたことが原因で、全身の連動性がなくなるため振り遅れのスライスや戻し過ぎの引っ掛けが出やすくなります。

 ヘッドがプレーンから外れ、フェースは開きやすいため、切り返しではまずクラブを正しいポジションに戻すことが必要となります。「切り返しはまずヘッドを戻す」などの操作をしないかぎりダウンスイングを下半身でリードしてもクラブがついてきません。

 逆に、シャフトが左を差すのがレイドオフです。この状態でフェースはシャットになりやすいので、このままクラブから戻すと引っ掛けますし、プッシュもあり得ます。

 しかし下半身が先に左に大きくスライドすればヘッドがプレーンに復帰し、ヘッドが遅れるためにフェースが開いてスクエアになるという論理でタイミングが合います。

 一時期、多くのトッププロがレイドオフで結果を出したため、もてはやされました。しかし、彼らにはストロンググリップという共通項があります。フェースを閉じてセットし、振り遅れさせることでスクエアな向きを保ってインパクトゾーンを通過させる動きであり、フェースローテーションをごく抑えているので、曲がりは少ないのですが飛距離を出すには不利です。プロは回転スピードで飛距離を出せますが、一般には向かない打ち方と言えるでしょう。

レイドオフ

〈レイドオフ〉
トップでクラブが低い位置にあるのがレイドオフ。フックグリップ、下半身の大きなスライドなどの特性とのマッチが大切

 シャフトクロスもレイドオフもオンプレーンからのズレであり、グリップの仕方やダウンスイングで修正の動きを加えてインパクトを合わせる必要があるのです。しかし基準どおりならば余計な動きの必要がなく、シンプルで再現性は高まります。

 オンプレーンのスイングにおいても切り返しは下半身から始めますが、上下のタイムラグは小さくなります。無理なく全体の連動性が保てますから安定性は高く、下半身の動きに遅れなく上半身とクラブが追従し自然にフェースローテーションが使える効率の良いスイングが完成します。いずれにせよトップでのシャフト向きに応じたグリップや動き方のパターンがあり、スイングは全く違うものになることを理解してください。

CEOゴルフのポイント(スイング編)

□ 体幹に対して腕とクラブのポジションを正しく保てばトップでもオンプレーンになる。

□ グリップ向き、動き方の特性に応じシャフト向きは変わる。

オンプレーン

〈オンプレーン〉
オンプレーンスイングではトップでクラブが水平で、飛球線と平行。全身がシンクロし、高い安定度が求められる

短いクラブでは回転は小さくなってもいい

短いクラブでは回転は小さくなってもいい。柔軟性が不足する場合も同様で、クラブだけ正しいポジションにしても意味はない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る