経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

異次元の過ち

経済万華鏡

 黒田新日銀総裁は、「異次元」の量的・質的金融緩和を発表した。異次元に誤った政策だった。

 すべての措置を盛り込んだ緩和政策だったが、要は、異常な量の国債を買いまくるという政策である。40年満期のものまで含めて、政府が発行する国債の7割を買うということだ。

 これは、誰もが予想できるように、国債市場を大混乱に陥れた。今後、国債が買えなくなる、と思った金融機関が慌てて買い、それを狙ってヘッジファンドなどが先回りして買った。一方、今後、国債市場が大混乱すると予想され、しかも今は価格が急騰しているなら、国債投資から撤退するチャンスだと他に運用手段のある金融機関は売った。そういう噂を流して、売ったヘッジファンドもあった。

 この結果、国債市場は乱高下の大混乱となった。政策発表の翌日、4月5日は、10年物で0・3%から0・6%への乱高下が起き、その後も1週間あまりの間に、異常な値動きに対して発動されるサーキットブレーカー(一時的な取引停止措置)が5回も発動した。前代未聞である。

 この混乱は、ますます、まともな国債の運用者を国債市場から追い出す。変動はリスクであるから、為替ヘッジして外債で運用したほうがましになる。一方、混乱を好む投機家は、大量に参入してきた。

 慌てた日銀は、沈静化するために買い入れを事前通告し、大幅に値下がりした5年物の国債を重点的に買うなどした。この動きに乗じ、先回りして日銀に売りつけて儲けた投機家もいた。

 これはまさに、バブルの最終局面の暴騰後、乱高下という典型的な様相を呈している。そう、黒田日銀の異次元の金融緩和は、国債バブルをついに破裂させることとなったのだ。

 黒田氏は、国債市場を破壊したいのか。なぜ、こんな失策をあえて行ったのか。一説には、ポートフォリオ効果を狙ったものといわれる。国債から金融機関を追い出し、国債市場から引き上げた資金で融資を増やし、株を買い、外債を買うことを促していると。しかし、融資余地があるならとっくにしている。株式投資には限度がある。よって為替ヘッジして外債ということになるのだが、それは別名、円安効果を持たないキャピタルフライト、資本逃避だ。

 なぜ、あえて日本金融市場を破壊しようとするのか。全く理解できない。

 ネガティブな効果しか持たない大胆な金融政策。別名ハイパーハイリスクネガティブリターンのギャンブルの始まりだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る