経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

日銀・黒田総裁の孤独で険しい道

経済万華鏡

日銀に新人として入行した黒田総裁

 今年は4月1日が月曜日であることが素晴らしい、というベテランビジネスマンが多い。新入社員にとって、これほどメリハリの効いたスタートはないという。週末で学生から社会人へ気持ちも身体も切り替えるのだという。なるほど。

 私も、社会人になるのが楽しみであり、怖くもあった。

 大蔵省に入ったのだが、勉強は楽しかったし、好きだったから、どんな困難でも大丈夫である自信はあった。しかし社会で働くこと自体が怖かった。

 だからこそ、期待もあった。大蔵省に関しては、平均月間残業時間が200時間、しかし残業代は10時間しかつかないなど、とんでもない職場と聞いていて、覚悟はできていたから、入ってから肉体的には辛かったが、精神的には上司たちが刺激的で楽しかった。

 今の大学生のことは、少しは想像できるが、日本銀行に入行した新人、黒田東彦総裁については、どんな気持ちなのだろうか。

従順な部下は黒田総裁にとってやりづらい?

 新卒の新入社員は楽だ。一番下っ端だからだ。何も分からない。当然だ。しかし、新人でトップに入るのはどんな気持ちだろうか。そして、部下たちは自分が公然と批判することによって、トップで入ることが決まったことを知っている。

 しかし、部下たちはエリートだから、トップの言うことは何でもよく聞く。これは精神的には苦しいのではないか。むしろ、部下が反抗的であったほうがくみしやすい。

 素直で従順で、経験豊富な部下の上に素人のトップが立つのは厳しい。彼は、アジア開発銀行の経験があるが、あそこは、多国籍組織であり、もともとバラバラだから、かえってやりやすい。日銀のおとなしい従順なインテリの部下はしんどいのではないか。

 さらにしんどいのは、勝手に期待を膨らませている金融市場の投資家たちである。しかも、彼らは誤解して、黒田氏を自分たちの仲間、株価を上げ、市場を乱高下の渦に巻き込んで収益機会を増やしてくれる頼りになる助っ人だと思っている。俺は、お前らとは目的が違うんだ、手段が今はたまたま一緒なだけなんだ、と叫びたくなる日が来るのが怖くはないのだろうか。

 黒田氏は、日銀の優秀な職員たちと付き合い、市場の荒くれ者たちと付き合い、さらに、4月2日の衆議院予算委員会を見る限り、自分を日銀に押し込んで喜んでいる政治家たちとも、考えが全く異なる。彼らは金融市場を全く誤解していることを目の当たりにさせられた時、いかなる孤独感を覚えたのだろうか。

 黒田氏の道は孤独で険しい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る