経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

日銀は今、何を思う

経済万華鏡

 哀れな日銀。ここまで政治に蹂躙されるとは。日銀よ。今、何を思うのか。

 白川総裁は、なぜ辞任しないのか。外資系金融関係者の勉強会でこう聞かれたことがある。

 彼は辞任しないし、これからも辞任しない。任期満了まで、彼の信じる現状でのベストを尽くそうとするだろう。

 彼の考える現状のベストとは?

 政治的抵抗はしない。日銀は政治が苦手であると同時に、政治に抵抗するものではないと思っている。白川氏は、政治の圧力を政治家と国民のニーズととらえ、これを所与の条件と考える。これはマーケット環境の悪化と同じく環境要因としてとらえられている。

 一点違うのは、市場環境は日銀自身が影響を与えることができるが、政治的アリーナではそれはできない。少なくとも、できないと白川総裁は考えている。

 白川氏は、政治的環境の変化を、ただ、最適な金融政策の制約条件と考える。だから、現状の制約条件の中で、ベストの政策を採ろうとするだろう。

 日銀は、経済全体のことを考えずに、自分の庭先だけ、インフレが起きないことだけ考えていると批判されるが、それは誤りだ。彼らは、日本経済全体のことを考え、それを最優先としている。ただ、そのためには、インフレを起こさないようにすることが重要であり、金融政策はそこを最優先させるのが、長期的には経済にとってベストだと考えているだけのことだ。

 そして、白川氏は、長期的に日本経済にベストの案に一番近い政策を目指すという戦略から、最低限、日本経済のためにやってはいけないこと、最後の砦をとにかく守ることを最優先するという考え方に切り替えた。この最後の砦とは、日銀がポストを確保するのではなく、日本経済が崩壊しないように、金融政策の最低限のラインを守ること。それは、財政ファイナンスを中央銀行がしないこと、長期的な中央銀行への信頼性を世界金融市場で確保するということだ。

 しかし、行動としては同じことになる可能性はある。ここまで日銀が嫌われると、日銀としては、頼りになるのは自分たちだけだ。となると、副総裁、理事の人事や解任権を渡さないこと。なぜならば、自分たちの仲間から政策に直接かかわるものを残しておかないと、金融政策のアマチュアたちが、金融市場と日本経済に大きなダメージを残すような政策を採ってしまうリスクが高くなるからだ。それは組織防衛ではなく、金融そのものを防衛しようとしているのだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る