経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

自民党政権が民主党政権よりましな理由

経済万華鏡

 投資で言うなら、短期に確実なのは自民党、長期逆張りなら民主党ということだろう。

 自民党政権が成立した。個々の経済政策、特に金融政策については、反対の部分が多いが、政権全体で見ると、圧倒的な安定感がある。あれだけ麻生氏が支離滅裂な時代錯誤の政策を自信たっぷりにお説教のように語り続けても、安定感をわれわれに感じさせるのであるから、圧倒的な安定感である。これはどこからくるのか。

 第一に、閣僚の発言が内閣全体で統一されている印象を与える。行動もまとまっている。政権内、与党内の分裂、亀裂が存在しないように見せている。つまり、彼らは大人だ、ということだ。

 自民党は大人。民主党は子ども。これにつきる。自民党は政権与党に長年ついていた。だから、野党に転落すると慌てた老人の見苦しさを露呈するが、与党に戻れば、経験のある落ち着いた老紳士となる。一方、民主党は、若者だ。今までは、民主党というサラリーマン組織で政権交代まではモーレツサラリーマンだったのが、急に大人になり、いや、突然役員になり、個室と秘書と車を与えられ、はしゃぎ過ぎて、社長の言うことも聞かなくなった若造役員ということだったのだ。

 したがって、自民党の個々の政策はバラバラであり、かつ古過ぎて現在に通用しなくても、なぜか見ていて安心感があるから、民主党の若者のドタバタにうんざりした、政治劇場をテレビで見ていた観客は、やっぱり面白くはないけど公共放送は安心ね、と言っているのが現在だ。

 自民党政権はここからである。参議院選挙があるから、大人の自民党は、まとまって夏までは行くだろう。さらに、例えば、金融政策や財政政策の議論でも微修正を徐々にしてきているところをみると、常に現実路線を歩み、柔軟に、数カ月前の発言も一切気にせず、堂々と昔から主張していたかのように演説するだろう。これも、民主党の屁理屈でもなんとか自分のこれまで言ってきたことと整合性をとり、有権者という母親に叱られないようにしてきたのと違う大人の対応だ。

 問題は、大人はやはり古い時代の人間だということだ。公共事業も、企業の過去の設備の買い取りも、おカネをぐるぐるまわせば景気が良くなる、景気は気の問題、というすべての議論は、高度成長期までの日本経済構造の下でしか、意味を成さない政策だ。したがって、参議院選挙後、個別の経済政策が経済を徐々に悪化させる中で、正念場を迎えるが、当面は好調だと予想する。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る