経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

【佐藤優、スノーデン事件を読む】NSA(米国家安全保障局)による個人情報収集を公開した職員の正義感と伴う危険性

佐藤優

【佐藤優 NSAの個人情報収集行為を公開した職員の勇気】

 NSA(米国家安全保障局)は、CIA(米中央情報局)やFBI(米連邦捜査局)に比べると、一般にはそれほど有名ではない。

 ただし、インテリジェンス(諜報)専門家にとって、NSAが米国の技術力を用いて、盗聴、通信傍受を行う世界最強のシギント(通信、電磁波、信号などを用いたインテリジェンス活動)機関であることは有名だ。 

 6月初め、米政府がテロ対策のためにインターネット上のメールやフェイスブックでのやりとりなどの個人情報を極秘裏に収集していることが明らかになった。6月5日、英国の『ガーディアン』紙が、NSAが米国の電話会社ベライゾンの通話記録を毎日数百万件収集していると報じた。

 翌6日には、米国の『ワシントン・ポスト』紙が「PRISM」と呼ばれるプログラムを用いてNSAとFBIがインターネット上の個人情報を集めていたことを明らかにした。インテリジェンス業界においては、米国政府がウエビント(ウェブサイトを用いたインテリジェンス活動)を行っていることは公然の秘密で、「PRISM」の存在も以前から報道されていた。

 それだから、これらの報道自体は、それほどセンセーショナルな内容ではない。

 しかし、この秘密情報をマスメディアに暴露したのがNSAの契約職員エドワード・スノーデン氏(29歳)だということが明らかになり、事態が急展開した。

 同氏は、以前、CIAの技術職員として勤務していたことがある。しかも、同氏は米当局の捜査によって追い詰められて、情報漏洩を認めたのではなく、6月9日に自らが告発者であると『ガーディアン』『ワシントン・ポスト』両紙を通じて名乗り出た。

【佐藤優 個人情報収集に対する過剰な正義感がはらむ危険】

 スノーデン氏は5月20日から香港に滞在し、米政府との対決姿勢を鮮明にしている。

 6月17日、スノーデン氏は、〈「私を刑務所に入れたり殺したりしても、米政府は(真実を)隠し通せない。真実(の暴露)は止められない」と訴えた。(中略)/スノーデン氏は香港入りした理由を米国では公正な裁判が受けられないためだと説明。「米政府は、私を裏切り者だと断じ、公正な裁判をする可能性をつぶした。秘密裏の犯罪行為を暴露することが、許されない犯罪だとした。これは正義ではない」と主張した。/「そんな政府に自ら名乗り出るのはばかげている。(米国の)刑務所の外からの方がより多くの善行ができる」とし、「国家の最高機関が監視から逃れることになれば、政府への信用はなくなる」と述べた。/政治亡命と引き換えに中国政府に情報提供したとの見方は全面的に否定した。「中国政府とは接触していない。もし私が中国のスパイなら、どうして北京に直接飛ばなかったのか。今頃は宮廷で不死鳥をなでていただろうに」と語った。〉(6月18日『朝日新聞デジタル』)

 スノーデン氏の年収は〈約20万㌦(約1980万円)〉(6月12日『朝日新聞デジタル』)なので、高校中退者の中ではかなりの高給取りだ。スノーデン氏が情報発信を香港で行っていることから、中国のインテリジェンス機関とつながっているという憶測を述べる人もいるが、根拠は薄弱だ。同氏が中国のエージェントだったならば、名乗り出たりせずに、密かに中国のインテリジェンス機関に機密情報を流し続けるほうが、合理的行動だからだ。

 そうなると、スノーデン氏自身が〈「米政府が世界中の人々のプライバシーやインターネット上の自由、基本的な権利を極秘の調査で侵害することを良心が許さなかった」〉(6月12日『朝日新聞デジタル』)と述べた内容が真実の動機である可能性が高い。

 このような「間違えた世の中は俺が正す」というような純粋な正義感を持つ人間をインテリジェンスに関与させると必ずトラブルが生じる。CIAは、シギント、ビジント(偵察衛星や無人偵察機を用いたインテリジェンス活動)には強いが、ヒュミント(人間によるインテリジェンス活動)に弱い。

 スノーデン氏の過剰な正義感がはらむ危険を採用時にCIAが見抜けなかったことが、この事態を引き起こしたと筆者は見ている。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る