経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

選択と集中進む米ヤフーが「返り咲き」

津山恵子のニューヨークレポート

モバイルへの選択と集中が実を結ぶ

 米シリコンバレーで、一度ナンバーワンから転落すると、立ち直るのは難しい。それを果たした稀有な例がアップルだが、それは、創業者である故スティーブ・ジョブズ氏の強烈な哲学と辣腕があったお陰だ。しかし、今、ヤフーという名門企業も「返り咲き」への着実な歩を進めている。

 ヤフーが今年10月に発表した第3四半期決算によると、マーケティング提携企業に支払うトラフィック獲得費用(TAC)を除いた純粋な売上高が10億9千万ドルと、前年同期から1%増加。ロイター通信によると、売上高が伸びたのは過去6四半期で2度目だという。

 スマートフォンやタブレット端末の急速な普及で、モバイル部門の売上高は2億ドル強、通期では12億ドル強、つまり1272億円もの収入を見込んでいる。昨年末、ヤフーのサービスをモバイルで利用した月間ユーザー数は4億人を突破していた。

 マリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は、「当社が実施してきたモバイルへの多大な投資が実を結んでいる」と述べた。

CES 2014の基調講演では、マリッサ・メイヤーCEO(右)と共に、元国際ジャーナリストのケイティー・クーリック氏が登場

CES 2014の基調講演では、マリッサ・メイヤーCEO(右)と共に、元国際ジャーナリストのケイティー・クーリック氏が登場した(PHOTO:AFP=時事)

 純利益は67億7千万ドルと、前年同期の2億9670万ドルから拡大した。中国の電子商取引最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)株の売却益63億ドルが寄与。これらの特別項目を除く純利益は5億4300万ドルだった。

 メイヤーCEOは、検索大手としては後発ながら、ヤフーをトップから転落させたライバル、グーグルのサービス開発担当だった。2012年、出産を2カ月後に控えていた中、グーグルからヤフーのトップに抜擢され、以来、「選択と集中」の経営をリードしてきた。

 メイヤーCEOは、これまで30社以上のベンチャー企業を買収。その中には、ソーシャルブログサービスで大人気のタンブラーが含まれ、11億ドルという巨額買収も達成した。また、モバイル端末によるサービス利用が拡大する中、モバイルアプリメーカーの買収も急いだ。

 ヤフーの株価は一時5ドルを切ったが、現在は40ドルを超えて取り引きされている。

1 2