経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ビジネスのシステムをデザインできる人材の重要性

世界で勝つためのイノベーション経営論

ビジネスのシステムデザインで大きな価値を創出

 

 これまではベース・オブ・ピラミッド(BOP)のマーケットを考えてきた。そこでは、現地の市場のライフスタイルや価値観などを理解するために、コミュニティーに徹底的に入り込むことが重要である。

 しかし、現地に長期的に人材を送れば解決するほど、問題は簡単ではない。マーケットの情報をしっかりととらえた上で、大きな価値を生み出すためにビジネスのシステムをデザインしなければならない。

 ここで人材についての大きなトレンドを見てみよう。マサチューセッツ工科大学のダーロン・アセモグルとデイビッド・オウターの分析では、1963年を基準として、米国におけるフルタイム労働者(男性)の実質賃金の推移には大きな格差があることが分かっている。ここで興味深いのは次の2点である。

 第1は、教育水準と賃金との間の関係である。

 まず、教育水準の低い労働者の賃金の水準はほとんど成長していない、あるいは低下している。高校中退の労働者の実質賃金は63年よりも低い水準にある。高卒の賃金も低下トレンドにある。大卒の実質賃金も70年代の水準から上昇していない。

 ただし、トップの大学を卒業している労働者の賃金は上昇傾向にある。さらに、大きく賃金の水準を伸ばしているのが、大学院卒の人材である。これは企業にとって高度な専門性を持った人材が社会において必要になってきたことを示唆している。

 第2に、この格差は、80年代前半から現れ、90年代に入り、大きく拡大している。例えば、トップの大学とその他の大卒の間の格差は70年代にはほとんど見られない。また、高卒と大卒の間の賃金の格差がつき始めたのは、90年代中頃からである。大学院卒の賃金の水準はすべての期間において最も高いものであるが、大きく差が拡大しているのは、90年代に入ってからである。

 なぜこのような格差が発生しているのだろう。これは学閥の存在や学歴社会だからというわけではない。それらが理由だとすれば、この格差の拡大が80年代から始まり、90年代前半にさらに大きくなっていることが説明できない。

 賃金は労働市場での人材の評価である。ファイナンシャルマーケットからのプレッシャーが強い米国では、企業の利益の源泉にならない人材に高い賃金を払い続けていられるほど企業が直面している市場での競争は甘くはない。

 特に労働者の流動性が一般的に高い米国では、賃金はマーケットからの評価だと言って良い。

 つまり、この格差は、80年代から90年代にかけて、より高い専門性を持った人材への需要が拡大していることを反映している。

 

システムをデザインする能力と戦略性が成否に直結

 

 もはや、生産現場の工夫や試行錯誤など現場の暗黙知だけでは、大きなイノベーションは生み出せなくなってきている。

 例えば、半導体の生産工程は微細化が進み、現場の複雑性が極めて高くなっている。現場への権限移譲などではその複雑性に対処することが難しくなっている。その場合、システムでの対応が重要になる。

 今後大きなビジネスの展開が見込まれると考えられている再生医療やバイオインフォマティクス、スマートコミュニティなどの領域でも、全体のコーディネーションの設計が大切になる。

 システムのデザインや戦略性がその製品やサービスの成否に直結するのである。良い技術を開発したとしても、いくら現地の情報を集めたとしても、それをビジネスにするための高い戦略性を持ったシステムのデザインが必要になる。

 イノベーションを起こすためには、さまざまなコンポーネントを組み合わせてビジネスを構築する必要がある。そこでは、枠組みを構築するためには、強いリーダーシップとともに、高い専門性が必要となる。

 

ビジネス構築に求められる専門性とは何か

 

 専門性とは、一般化の能力である。自分が直面している状況をそのまま口にして説明することは誰にでもできる。

 しかし、その状況を抽象化・一般化して考えるためには体系的なトレーニングが必要である。もちろん、それが自然とできるようなビジネスセンスを持った人もいる。しかし、人のセンス頼みでは、全体としてはとても効率が悪い。

 自分の経験のみに基づいた暗黙的な知識は、環境が激しく変わる時にはあまり役に立たない。ビジネスが既存のやり方の壁を超えてますますクロスボーダー化するからこそ、抽象化・一般化の力が重要になる。

 日本のエグゼクティブの教育水準は国際的に見るとまだまだ低い。次回は大学について考えよう。

 

[連載] 世界で勝つためのイノベーション経営論 米倉誠一郎氏 & 清水洋氏の記事一覧はこちら

【マネジメント】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る