経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「政治とカネ」に揺れる安倍内閣の危機管理策「上書き」とは

イラスト

内調が見落とした〝オープン情報〟

 「官邸はちゃんと身体検査をしたのか」

 自民党幹部はこう言って安倍官邸を批判した。

イラスト/のり

イラスト/のり

 政治資金収支報告書で不明朗な支出が明らかになった小渕優子前経産相と、「うちわ」を選挙区内で配り公選法違反の疑いが浮上した松島みどり前法相のダブル辞任。この他にも相次いで明るみに出た宮澤洋一経産相、西川公也農水相、有村治子女性活躍相、望月義夫環境相らの政治資金収支報告書の記載に関する問題。これほど切れ目なく閣僚の「政治とカネ」の問題が発覚するのも極めて稀なことである。

 自民党幹部が言う「身体検査」とは「人事の際に官邸が事前に入閣候補者のスキャンダルや問題などを調査する」こと。そもそも「身体検査」は形式が決まっているわけではなく、時の首相のスタイルで行うが、安倍首相は、「首相、官房長官、首相秘書官などが内調に指示して調べさせ、その結果を情報官が報告する。今回の改造の前に首相動静で情報官が度々安倍首相と会っているがこれは身体検査の内容の報告だった」(首相周辺)というオーソドックスなやり方だという。

 ただ、今回の数々のスキャンダルは、前出自民党幹部が言うような「身体検査が甘かったせい」ではなく、小渕氏や松島氏をはじめ各閣僚が、「身体検査」以前に、あまりにもお粗末で、政治家としての意識や知識が欠如していたということではないのか。

 「(明治座の)観劇の収支が約2600万円も差があるのに、そんなことを平然と記載して報告書を堂々と出していたなんて逆に誰も思いませんよ。書いたほう(事務所の責任者)も何も考えずに、パソコンに数字を入れ込んで計算させてはいオワリ。小渕さん自身も任せきりで全く見ていない。そうとしか思えませんね」(自民党当選4回の国会議員の会計責任秘書)

 また、宮澤氏の外国人が株主の企業からの献金やSMバーへの支出をはじめ、他の閣僚の収支報告書のズサンな管理も目を覆う。

 内閣府OBは「そもそも身体検査で内調が調べるのはオープン情報以外のもの、つまりウラ情報です。誰でも見ることができるような、政治資金収支報告書など内調の仕事外。しかも小渕さんや宮澤さん、望月さん、有村さんのようなベテランの収支報告書ならハナから問題はないはずだと思うし、なおさら調べることなどない」と話し、責任を押し付けられている内調や安倍官邸にいささかの同情を寄せる。

1 2